スマートペット給餌器、PIXOO(ピクスー)とは?

PIXOO(ピクスー)は、「スマートペット給餌器」と呼ばれるカテゴリーに属し、インターネットに接続された自動給餌器である。

この手の製品はしばし、"自動餌やり器"とも呼ばれることもあるが、PIXOOの特徴は「自動であり手動でもある」といったところか。

つまり、インターネット回線と専用アプリを通じて、飼い主は手持ちのスマートフォンから遠隔でペットに食事を与えることができる。従来の自動給餌器の場合、決められた時刻にタイマーをセットすることで、その時刻になったらペットフードが自動で給餌される仕様だった。

しかし、PIXOOの場合は飼い主の任意のタイミングでペットに食事を与えられるのである。

この「今ご飯をあげたい!」を可能とする仕様は、なかなか便利かもしれない。予めPIXOOにフードをセットしておけば、外出先で急な用事が入ってもペットに空腹感を与えなくて済むのである。

ピクスーは、忙しい飼い主でも、健康的なタイミングで外出先から餌をあげることを可能にする「スマートペット給餌器」です。カメラ・スピーカーを搭載しているので、いつでも大切なペットを見守り・話しかけられて安心です。アプリから餌の配達やペットの健康関連サービスを予約することもできます。また、日本のインテリアにマッチしやすいシンプルで洗練されたデザインも特長です。

出典:スマートペットフィーダーPixoo[ピクスー]が、クラウドファンディングサイトMotionGalleryで予約販売を開始 [7/25(月)〜]

機能性も抜群!便利すぎるPIXOOの8つの特徴

PIXOOは、ただ飼い主の代わりに給餌するだけではない。実はリモート給餌の他にも、愛犬家・愛猫家に嬉しい機能が満載なのだ。

  1. Wifi接続
    ピクスーはWifi経由でインターネットに繋がっていて、スマートフォン・スマートウォッチ・タブレットから操作が可能。
  2. スケジュール給餌
    健康的で規則正しい給餌スケジュールを、スマートフォン・スマートウォッチ・タブレットから簡単に設定できる。
  3. カメラ・スピーカー
    内蔵カメラ・スピーカーを通して、外出先からペットの様子を見て・話しかけられる。
  4. SNSでシェア
    カメラの画像を、Facebook・Instagram・Line・Twitterでシェアできる。
  5. 残量センサー
    フードタンクには約3.5kgまでのドライフードを貯蔵でき、残量センサーを内蔵しているので、いつでも残量が確認できる。
  6. 水洗いOK
    フードに触れるすべてのパーツは水洗いでき、衛生的にも清潔。
  7. 配達・予約サービス
    フードの宅配や、各種ペット向けサービスの予約、獣医への相談サービスも提供。
  8. 災害対応
    地震などの自然災害による停電やインターネットの切断に備え、電池駆動の非常モードを搭載。


カメラやスピーカーも搭載されているとは、仕事の合間についついペットの様子を"覗き見"したくなる飼い主の心理を上手く汲み取っている。

また、災害時に備えて電池駆動の非常モードを搭載している点は、昨今の自然災害に対する危機意識の高さからも、日本の愛犬家や愛猫家からの高評価が期待できるのではないだろうか。

クラウドファンディングでは予約が殺到中

そんな気になるPIXOOは、クラウドファンディングにて予約受付を開始している。

クラウドファンディング経由でPIXOOを予約することで、なんと製品の予定定価から30%~40%の割引を受けることができる。これは嬉しい。

現在(2016年8月25日)までに、既に1,477,000円もの資金が集まっていることからもPIXOOに対する市場の期待の高さが伺える。

忙しい飼い主だけでなく、ペットの健康管理にも関心のある飼い主であれば、ぜひスマートペット給餌器のPIXOO(ピクスー)をチェックしてみてはいかがだろうか?

PIXOO(ピクスー)のクラウドファンディングはこちら

※クラウドファンディングからの先行予約は、2016年9月21日23:59まで。

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo

この記事についたタグ