犬のいびきの原因1.愛犬は短頭種である

引用の出典元:shutterstock.com

飼っている犬が、パグ、シーズー、ブルドッグといった短頭種と呼ばれる犬種である場合は、いびきをかきやすいと言われています。

なぜなら短頭種の犬たちは鼻腔が狭く口までの長さも短いため、体の構造上いびきをかいてしまうのです。

短頭種特有の体の作りは、短頭種気道症候群と呼ばれる呼吸機能の異常に繋がることがあります。

短頭種であってもあまりにいびきのうるささが気になったり口呼吸が激しい場合は、一度お医者さんに診察してもらいましょう。

犬のいびきの原因2.軟口蓋過長症である

引用の出典元:shutterstock.com

軟口蓋過長症とは、生まれつき口腔と鼻腔の境目である「硬口蓋」が長いことが原因で、呼吸をするのが困難になる疾患です。

短頭種に多く見られる病気で、特徴的なのは軟口蓋過長症の犬が興奮するとガーガーやゼーゼーといった雑音が呼吸をする度に起こります。

最初のうちは呼吸困難やいびきといった症状が見られ、悪化すると食べ物を飲み込むことが困難になる嚥下障害や、気管への負担からチアノーゼ症状などにも繋がってしまいます。

体温が上昇する夏場は呼吸の乱れが原因で熱中症になってしまう犬もいるので、飼い主さんはいびきに加えて犬の呼吸具合などにも異変がないか毎日気を付けてあげましょう。

犬のいびきの原因3.シニア犬になった

引用の出典元:shutterstock.com

犬も人間と同じように年齢を重ねて歳を取ると気道が狭くなることが原因で寝ている時にいびきをかくようになります。

いたって健康な愛犬がスヤスヤと眠りながらいびきをかいていたら、「うちの子もシニア犬になったんだなあ」と優しい目で見守ってあげましょう。

犬のいびきの原因4.風邪をひいている

引用の出典元:shutterstock.com

犬がくしゃみをしていたり鼻水が出ている場合は、アレルギーや風邪をこじらせていることが原因でいびきをかくことがあります。

ウイルス性の風邪の場合は、菌を含んだ鼻水が鼻腔に溜まってしまいます。

放っておいてしまうとそれが膿になり蓄膿症にもなりかねません。

鼻水が原因で苦しそうにいびきをかきながら寝ている場合は、早めに病院で治療をしてもらいましょう。

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo