犬も鼻水を飛ばす!?鼻水は大切な健康のバロメータ

引用の出典元:nanapi.jp

犬がくしゃみとともに鼻水を飛ばすことはありませんか?健康であれば1回こっきりで鼻水も透明ですし、すぐに治まります。

しかし、犬の鼻水が透明でもくしゃみを連発したり、黄色かったりして、べたべたしている場合、それは犬が何らかの病気が原因で体調を崩している証拠です。

犬の鼻水は言葉を話せない愛犬の健康状態をチェックする上で、バロメータとなります。

犬の鼻水に隠された病気と対処

引用の出典元:d.hatena.ne.jp

犬が鼻水を垂らす原因は、何らかのアレルギー反応だったり、ウィルスによる感染などの病気が考えられます。

犬種に関わらず多く見られる病気は、鼻炎、アレルギー性鼻炎です。犬が透明の鼻水を垂らしていたら、人間と同じようにアレルギー性鼻炎かもしれません。慢性化する前に対処しましょう。

お部屋の空気がタバコなどで汚染されていませんか?栄養状態はどうですか?ドッグフードだけに頼り過ぎても、犬のアレルギー症状が治まらないことがありますから、薬だけに頼らず、上質な手作りエサを与えて免疫を強くしてあげてください。

犬も風邪をひくと透明の鼻水を垂らすことがあります。ひどくなると慢性鼻炎になり黄色くドロッとした鼻水がくしゃみとともに出てくることもあります。温かい環境を整え、湿度調整もしましょう。

絶対に見逃してはならない犬の鼻水に隠された病気に、ジステンパーウィルス感染症があります。実はニホンオオカミの絶滅の原因となった病気でもあるのです。

症状は鼻水だけでなく、急性発熱、結膜炎、激しい咳、血便下痢の症状を併発しますので、すぐに動物病院に行き獣医から診断をしてもらいましょう。

他にも、ウイルスによる病気があります。

鼻水や空咳、発熱といった風邪症状に似たケンネルコフという伝染性呼吸器病も、犬がかかりやすい病気です。抗ウィルス作用のあるインターフェロンで対処します。

犬が鼻水を垂らす原因や病気として、物理的に異物が長時間鼻に滞在してしまっている、蓄膿症、歯槽膿漏放置による化膿、打撲などが考えられます。

若い犬の場合、急激な鼻水症状を呈した際は重大な病気の症状かもしれませんので素人判断をせず、病院で診察を受け愛犬の命を守りましょう。

犬の鼻水をしっかりチェックし慌てない!

引用の出典元:jamilog.jami-ru.com

まず犬の鼻水を拭き取ってあげて、その特徴をチェックしてください。

何らかの病気初期の状態ならばサラっとしていますが、病状が進んでいるとドロッとして、黄色・緑色をしている鼻水になってきます。犬の状況を記録して獣医に相談しましょう。

漂白剤やスプレーなど、急激に強い臭いを嗅いだことがわかっている場合は、慌てずに空気のきれいな場所に移動させましょう。

できれば屋外の風のあたらない場所でゆったりと過ごしましょう。

老犬や幼犬が鼻水を垂らしているときは、たとえ風邪や鼻炎かな、と思ってもそのままにしていると進行し、病気が悪くなることがあるため、なるべく早く動物病院を受診しましょう。

その際は犬の鼻水を拭き取ったティッシュも一緒に獣医にみせるとより診断しやすくなります。

犬が鼻水だけでなくおう吐や下痢の症状がある場合は、一刻も早く動物病院を受診し、対処が必要です!

犬の鼻水をきっかけに予防の大切さを学びましょう!

引用の出典元:prcm.jp

犬の鼻水は様々な原因があることがおわかり頂けたと思います。

打撲など突発的で防ぎにくいものは別として、予防ができるものはしっかりと対策をうっておきましょう。

犬の鼻水の原因がアレルギーなど空気の汚れでしたら、芳香剤を置かない、漂白剤を使う時は犬が散歩に行っている間に行う、タバコは屋外で吸う、空気清浄機を使用するといったことで予防しましょう。

ジステンパーなどウイルス性の鼻炎による鼻水は出始めた時は症状が進んでしまっていることがあります。

そもそも感染させないように予防接種を定期的に行い予防しましょう。

歯周病による炎症が原因の黄色や緑の鼻水なら、動物病院でのスケーリングを行ってもらいましょう。

まだ子犬なのであれば、今のうちから歯磨き習慣をつけて、歯垢のつきにくいドッグフードを与えたり、歯磨き効果のあるガムを与えて予防しましょう。

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo

この記事を書いたライター

Tsunayoshi momo.an
読者の皆様により良い情報をお届けします!

話題のキーワード

今話題のしつけ関連ワード