「助けてくれるの?」瀕死の犬が見つけた最後の希望

引用の出典元:www.youtube.com

瀕死の状態に陥ってしまい、もう自分では立つことさえできないワンコ。あばらの骨が見えるほどガリガリに痩せ細ってしまっています。

救助隊がワンコに近づくと、最後の力を振り絞りってシッポを振りました。

その姿はまるで、

「僕はもう自分で立ち上がることもできない・・この人が最後の希望かもしれない・・お願い、助けて!」

と訴えているようです。

そして、ワンコは無事に救助されました。実はこの時、ワンコが犬ジステンバーというウィルスに感染していて、あと少し救助が遅れていたら命は尽きていたことでしょう。

その後も、救助した保護団体によって2週間にも渡ってケアをしてもらい、すっかり元気な姿と笑顔を取り戻しました。

文字通り瀕死の状態で、死の淵をさまよっていたワンコでしたが、現地の保護団体による救助と献身的なケアのおかげで、幸せな第二の犬生を歩むことができそうです。

このワンコの命を救うために日々活動している保護団体なくして、ワンコの命は助からなかったことでしょう。

\クリックするだけ!/無料でNPOを支援する方法

Tsunayoshiでは、誰でも簡単に動物保護団体を支援できる新しい取り組み始めました。みんなの「いいね!」で動物愛護の輪を広めませんか?目指せ、殺処分ゼロ!

興味のあるページに「いいね!」した後は記事をシェアして、多く人に動物愛護に関心を持ってもらいましょう!

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo