犬用と人間用のシャンプーの違い:pH数値

引用の出典元:pixabay.com

pHとは「水素イオン濃度指数」のこと。つまり、水溶液の性質を表す単位のひとつです。pHの数値が低いものは「酸性」、高いものは「アルカリ性」となります。

私たち人間の肌にもこのpHが関係していて、酸性よりの「弱酸性」と言われています。ですから人間用のシャンプーは「弱酸性」に近づけるように作られているのです。

一方、犬の皮膚は「弱アルカリ性」。犬用のシャンプーは弱アルカリ性で作られているため、人間用とはpHが異なります。これが、人間用と犬用のシャンプーの違いです。

“犬用”よりも”人間用”の方が安全?

引用の出典元:www.flickr.com

犬には犬用のシャンプーを使ってあげることが一番いいのですが、数多くある商品の中には、粗悪品もあります。人間用のシャンプーでは、どんな成分が含まれているかきちんと表記しなければならない規制がありますが、犬用にはありません。

したがって、犬用の粗悪品というのは、犬の生命をも脅かすような化学物質が含まれている可能性があるのです。

その点、人間用はシャンプーに含まれる成分が明記されていますから安心です。犬用のものがすべて悪いとは言えませんが、安全なものかどうか見極めるようにしましょう。

人間用の“無添加シャンプー”は犬にも使える?

引用の出典元:free-images.gatag.net

pHが違う人間と犬。しかし、弱酸性と弱アルカリ性という差は、ほんのわずかだという専門家もいます。事実、人間用の無添加シャンプーをかなり薄めて使ったところ、全く問題なく、むしろ毛並が良くなったという話も聞くほどです。

人間用であればシャンプーに含まれる成分もわかりますし、“無添加”であれば皮膚を刺激してしまうような化学物質も含まれません。

また、人間用のシャンプーで洗っても、犬の皮膚のpHはすぐ元に戻るとも言われていますから、犬用シャンプーを切らしてしまったときなど、緊急時には良いかもしれません。

とはいえ、やはり可能な限りでいいので、日頃の愛犬のシャンプーには犬用のものを使ってあげることをおすすめします。


無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo

この記事を書いたライター

Tsunayoshi サッチモ・ルイザ
読者の皆様により良い情報をお届けします!

話題のキーワード

今話題のしつけ関連ワード