何度も飼育放棄された犬

引用の出典元:www.lifewithdogs.tv

ブルマスティフという犬種のラナは現在4歳。アリゾナ州動物福祉リーグが管理するシェルターに保護されています。ラナが最初にシェルターに保護されたとき、まだ子犬でした。

子犬なので、すぐに新しい家族に引き取られましたが、彼らは長くラナのことを家に置いておくことができませんでした。

ラナはまたシェルターに運ばれてしまいます。まだまだ子犬のラナは、新しい家族を見つけることはそこまで難しいことではありませんでした。しかし3年後、この家族はラナのことをまたシェルターに持ってきたのです。

責任を果たさない飼い主に振り回されて、可愛そうなラナ。

何度もシェルターに戻されるラナをみて、シェルターでも犬の飼育放棄に関して問題視するようになりました。

ラナに対して辛いことでしたが、新しい家族を見つけることは彼女にとって難しいことではありません。ラナは前にきちんと家族がいた犬だったからです。野良犬とは違います。

しかし、ラナは新しい飼い主が見つかることもなく4カ月をこのシェルターで過ごしてしまいました。

ラナは2度も飼い主に捨てられたことにとても落ち込んでいるように見えました。シェルターで働く一人の職員は、落ち込む彼女を放っておくわけにはいきませんでした。

新しい家族を探すためのユニークな試み

引用の出典元:www.lifewithdogs.tv

ラナに新しい家族ができるようにと、ラナに注目を集める工夫が考案されました。ラナのことを心配していたシェルター職員のホイットニー・スティールさんは、ラナに新しい飼い主が見つかるまでラナと一緒の犬の官舎で過ごすことを決めました。

ホイットニーさんは、このシェルターでイベントやボランティアのディテクターを務めています。彼女はこのちょっと変わった取り組みを本気でやるつもりでした。

1日24時間、彼女はラナと同じ犬の官舎に入って一日を過ごします。

ホイットニーさんはラナと一緒に犬の官舎で過ごすうちに、ラナがそこでどんな暮らしをしているのか分かるようになりました。シェルターは素晴らしい施設ですが、愛してくれる家族がいる家以上に居心地のいいものではないということです。

一晩ラナと一緒に過ごして、ホイットニーさんはラナが家にいたときと同じように安心できる環境を作ろうと配慮しました。前の家族に捨てられてからラナは、4カ月以上もこの犬小屋での生活を続けてきたからです。

ラナに寄り添うことを忘れないホイットニーさんは、素敵なシェルターの職員ですよね。

犬小屋での生活も快適?!

ホイットニーさんがラナとの犬小屋生活体験中には、地元の2つの食品会社から食べ物の差し入れもありました。

ホイットニーさんは本当に24時間犬の官舎でラナと共に過ごしました。仕事の会議もパソコンを使って犬小屋の中から参加します。そして、眠る時はラナが寝るような犬用のベッドに横になって寝ていました。

総合的にみて「犬小屋生活体験」といったところでしょうか。犬と一緒に生活するだけじゃなく、犬と同じ感覚になって過ごしてみるというホイットニーさんのアイディアでした。ラナとホイットニーさんはいいルームメイトで犬の官舎の中でも楽しい時間を過ごせていました。

ピザを一緒に食べたり、寝る時に枕を盗られたり、インターネットで何か動画をみたり。まるで家の中で暮らしているような感じです。

でも、本来の目的はラナの本当の家族、家を見つけることです。

ホイットニーさんの目的は、普段のラナの姿を知ってもらうことにありました。そして、ラナが安心して一生を過ごすにふさわしい家族に見つけてもらうこと。これが、一番大事なことです。スナップチャットを通してラナとの生活の様子も配信し続けました。

ラナは、おさんぽに行くのが大好き。犬小屋の中では、ホイットニーさんに寄り添って長い時間お昼寝するのも大好きでした。

ラナは頭も良くて運動用アスレチックで遊ぶのも好きで、とっても強い犬です。いろいろなところに出かけたり、遊んだりできるようなアクティブな家族の一員にぴったりでした。

そして、落ちついた一面もあります。そんなラナの様子を多くの人に見てもらえるようにホイットニーさんは支援し続けました。

新しい飼い主との出会い

引用の出典元:www.lifewithdogs.tv

ホイットニーさんの活動は注目を集めて、さまざまなメディアに取り上げられました。そしてホイットニーさんが犬の官舎で生活を始めて26時間が経ったところで、一人の女性がラナの飼い主を申し出ます。

ラナを引き取ったバーブ・クリステラーさんは、1年前に犬を亡くして、新しい犬を飼うために準備をしているところでした。ホイットニーさんの試みをニュースで知ったクリステラーさんでしたが、ラナが4カ月前からそこにいることを知っていたといいます。

そして、ホイットニーさんがラナと過ごし始めて次の日には、ラナが新しい家族に出会って引き取られたことをアリゾナ州動物福祉リーグのフェイスブックページで報告することができました。

新しいお家では、いままで通りボールを追いかけたり、スプリンクラーと戦って遊んだりしているそうです。

新しい飼い主となったクリステラーさんは「もう二度とラナをシェルターに戻すなんてことはしないわ」とabcニュースのインタビューに答えています。

ホイットニーさんもラナとの別れは寂しいかもしれませんが、新しい家族の元に旅立っていったラナを誇らしく思うでしょうね。生涯一緒に居てくれる家族を見つけたラナに、これから幸せになってほしいです。

参照:Shelter Worker Makes Pledge to Live in Kennel with Dog Until She’s Adopted

NPOの保護活動を無料で支援できる取り組みを知っていますか?


Tsunayoshiでは、日本の動物保護団体が多く登録している「NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo(グッドゥ)」の協力のもと、誰でも簡単に動物保護団体を支援できる取り組みを開始しました。

下記のリンクから支援ページに飛ぶことで、あなたの想いを動物たちを守る力に変えることができます!

無料で簡単に支援する


gooddoは無料で社会問題の解決に参加できるサービスです。
是非、あなたも無料で支援してみてください!

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo

この記事を書いたライター

Tsunayoshi Natsumi
読者の皆様により良い情報をお届けします!

話題のキーワード

今話題のしつけ関連ワード