盲導犬としても活躍するラブラドールレトリバーの特徴

引用の出典元:www.flickr.com

ラブラドールレトリバーは頭が良く、盲導犬や警察犬として活躍している犬種です。ラブラドールレトリバーのルーツはカナダのニューファンドランド島と言われています。

ラブラドールレトリバーの被毛カラーはイエロー、ブラック、チョコレートの3色です。盲導犬の場合は、街中でも認識しやすいようにイエローのラブラドールレトリバーが採用されることが多いですね。

ポチたまの主役、まさ男君→だいすけ君→まさはる君もラブラドールレトリバーのイエローです。番組中のやんちゃぶりを見れば分る通り、ラブラドールレトリバーは言うまでもなく、明るくやんちゃで優しい性格です。

ラブラドールレトリバーは泳ぎが得意な点も特徴的です。水を見たら我慢できずにバチャバチャしちゃうほど。

その代わりテンションが上がると、凄い力で引っ張りますので、ラブラドールレトリバーの飼い主さんは制御できるようなしつけを行うと同時に体力も必要です。

アウトドアも街さんぽも一緒に楽しめる♪ ラブラドールレトリバーの魅力や特徴

ラブラドールレトリバー人気のブログ第1位:『チームA』

引用の出典元:blog.goo.ne.jp

ラブラドールレトリバーの人気ブログ、第1位に輝いたのは、北海道発『チームA』です。登場するラブラドールレトリバーは2頭。2009年5月1日生まれの女の子のラブラドールレトリバー「ランちゃん」と、2010年12月20日生まれの女の子ラブラドールレトリバー「スミレちゃん」が登場します。

北海道の冬をもろともせず、ラブラドールレトリバーの「ランちゃん」と「スミレちゃん」は川で泳いだり潜ったりして遊ぶのだそうです!

『チームA』というだけあって、こちらのブログにはメンバーがたくさん登場しますよ。

リーダーはバイクが趣味だったというパワフルなアラ40のrunrunママさん、アンソニーというかっこいいブログネームのパパさんはアラ50で、野菜と花を育てるのが趣味なのです。

『チームA』のメンバーはまだまだ登場しますよ。自閉症と知的障害を持つ平和主義者の息子さん。歌って踊ることが大好きで将来はラブラドールレトリバーのブリーダーと獣医さんになりたい、という娘さん。

ラブラドールレトリバー2匹&4人の家族が日々悪戦苦闘する様子を赤裸々に綴ったブログです。これまでのトータル閲覧数はおよそ1,500万と、ラブラドールレトリバーのブログの中でも凄まじいほどの人気ブログ。

「涙がこぼれそうになったら、とりあえず上を向こう!」と頑張るママさんの姿に共感します。

ラブラドールレトリバー人気のブログ:『チームA』

ラブラドールレトリバー人気のブログ第2位:『わん子な生活「アルマくん成長記」』

引用の出典元:suzugokualma.blog.fc2.com

ラブラドールレトリバー「アルマくん」の毎日を綴ったブログです。「一緒に悩み、一緒に笑ってください。」とブログ管理人のアルままさん。

写真は、ラブラドールレトリバーんの「アルマくん」が暇にまかせて、床に引いてあるタイルカーペットを、ルンルン気分でジャンジャン剥がしまくっている様子です。で、当然この後は怒られるのでした。いじけたアルマくんの顔がいじらしいです。

こちらのブログには盲導犬の話も出てきます。盲導犬になったラブラドールレトリバーは、もやはラブラドールレトリバーではなく別の犬種のようだと言います。

ブログ内にはこんな文章も。

盲導犬に限らず、犬達はみんな使命を持って生まれてきている。その使命は『人を幸せにすること』だとマミィは思っている。

出典:わん子な生活 『アルマくん成長記』 2015年10月

↑うん、うん、その通りだね!著者ひまわりも、わが家の犬達に「有難う!」って思わず言いたくなってきました。

ラブラドールレトリバー人気のブログ:『わん子な生活「アルマくん成長記」』

ラブラドールレトリバー人気のブログ第3位:『おデブのブーブーブライヤー』

引用の出典元:keithkaori.blog129.fc2.com

マイペースな黒のラブラドールレトリバー「ブライヤーくん」のことや、子育て中の飼い主さんが奮闘する日々を綴ったブログです。

ラブラドールレトリバーの「ブライヤーくん」は2006年6月1日生まれ。盲導犬の繁殖犬を引退し、2010年7月に家族として迎えたのだそうです。繁殖犬の現役は数年なんですね!

ブログ管理人さんは、小さい息子さん(2013年生まれ)の育児中で、毎日にぎやかに暮らしています。

ブログタイトルにあるように、ラブラドールレトリバーの「ブライヤーくん」は37.25kgと標準体重の25~34kgをちょっとオーバーした状態だったそうですよ。現在は見た感じ、さほどおデブちゃんっぽくないようですね。

繁殖犬は体力もいるでしょうから、あえてがっちりした体に育てたのかもしれませんね。もしくは任務を終えて、太っちゃったのかも?

盲導犬の繁殖犬としてしっかりと調教されているだけあって、ラブラドールレトリバーの「ブライヤーくん」は飼い主さんを困らせるような、やんちゃはしないようです。子供も犬もしつけ次第、というところでしょうか。

そうそう、日本盲導犬協会では『引退犬飼育ボランティア』を募っています。盲導犬を引退した10歳前後のラブラドールレトリバー、ゴールデンレトリバー、ミックスです。室内で飼育できて留守番させなくて良い環境など条件が整っている方限定です。

ラブラドールレトリバー人気のブログ:『おデブのブーブーブライヤー』

ラブラドールレトリバーの人気ブログを覗いてみよう♪


ラブラドールレトリバーの人気ブログ、いかがでしたか?

ラブラドールレトリバーは、食欲旺盛で肥満になりやすい犬種なんです。

子犬の頃からシニアまで食事の管理は欠かせません。ラブラドールレトリバーは遺伝的な病気は比較的少ないのですが、肥満になると骨疾患や靭帯の損傷や関節を傷めることがありますので、気を付けて育ててあげましょう。

またラブラドールレトリバーを飼う際には、大型犬に起きやすい胃捻転、腸捻転にならないようにゆっくりと食事をさせ、食後30分は静かに過ごせる状態を作ってあげると良いですね。

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo

この記事を書いたライター

Tsunayoshi ひまわり
読者の皆様により良い情報をお届けします!

話題のキーワード

今話題のしつけ関連ワード