困窮した家族の環境が不幸を引き寄せる

引用の出典元:wric.com

アメリカ西部のユタ州で暮らすタウニー・コートさん家族は、10歳になるメスのボクサー犬"ゾーイ"と暮らしていました。

幼い子どもたちもゾーイと遊ぶ時間を楽しみにしていたのですが、2016年の秋にゾーイは発作を起こし始めるようになります。

このとき家族は「きっとゾーイは癌になり、少しずつ死に近づいている」と考えていました。

ちょうど時を同じくして、家族に様々な不幸が重なります。タウニーさんの夫は生活苦から銀行強盗を働き、刑務所に収監されました。

家族は住む家を失い、愛犬のゾーイは病気になり、タウニーさんや子どもたちの心は完全に折れてしまったのです。

「僕のベストフレンドだった…」

引用の出典元:wric.com

11歳になる息子のジャクソン君はメディアの取材に対して、「ゾーイは僕のベストフレンドだったから」と、良き相棒として暮らしてきたゾーイを抱きしめながら毎晩眠っていた、と話しています。

2016年11月19日、タウニーさんは自分の父親のラリーさんに「ファーミントンのベイビュー動物病院に連れて行って安楽死させてください」と頼みました。

ラリーさんは動物病院にゾーイを連れて行き、安楽死の手続きを済ませ215ドル(約2万3千円)を支払いました。

このあと食い違う獣医の発言から推測するに、ラリーさんはゾーイの最期は見届けていないのではないかと思われます。

半年後、里親募集ページで愛犬そっくりな写真を発見!

引用の出典元:wric.com

ゾーイがこの世からいなくなってから半年後、心が壊れてしまった息子のために再びボクサー犬を飼うことにします。

オンラインで検索していたところ、ボクサー犬を専門に保護する『ボクサータウンレスキュー・オブユタ』にたどり着きました。

そしてタウニーさんは目を疑うような1枚の写真を目撃することになるのです。ページにはゾーイにそっくりなボクサー犬が掲載されていました。

「あり得ない」と、自分がどうかしてしまったのだと思いながらも写真をクリックして拡大したところ、「なんてこと、この犬はゾーイだわ!」と、間違いなくゾーイであることを確認したと言います。

飼い主側と獣医側の意見が食い違う

引用の出典元:wric.com

地元ユタ州のテレビ局『KSL-TV』は、ゾーイを安楽死させたはずのスマート獣医にインタビューをしました。

スマート獣医は、「ゾーイを診断した結果、まだ何年も生きることができることや、安楽死させる必要はないとラリーさんに伝えました。しかし、コート家族とのやりとりから、彼らが犬を手放したがっていることがわかりました」と、家族がゾーイを不要扱いしていたと語ったのです。

スマート獣医はゾーイを救うための選択肢として、外科手術や投薬ができること、さらには「何もしない」という選択もあることを伝え、とにかく命を救う方向で説得しました。

さらに、インタビュアーの問いかけに「彼は繰り返し安楽死を希望していました」と語りました。

ラリーさんから良い返事が得られなかった獣医は自らの判断を優先し、ゾーイ安楽死をさせずに『ボクサータウンレスキュー・オブユタ』に救助の連絡を入れたのです。

しかし、一方のラリーさんはそう言った説明は受けていない、と獣医の発言を否定しました。

ユタ州の獣医評議会は、「ペットは所有者の財産に分類されており、私たちは所有者の意向に従う義務があります。懲戒処分を検討しなければいけない事例」と発言していますが、今のところ懲戒処分に関する正式な訴状は提出されていません。



引用の出典元:Utah family discovers dog is still alive six months after paying for her to be euthanized

最終的にゾーイは家族の元に戻されました。

獣医の「安楽死させたくない」という思いは義務違反ですが、それによってゾーイの命が無駄に消されずに済んだことは喜ぶべきことでしょう。

ゾーイを診察させずにガンと思い込み、父親に安楽死させてと頼んだタウニーさん、そして獣医の提言を拒否したラリーさんに関しても様々な意見があるようです。

ただ、安楽死したはずのゾーイが戻ってきて子どもたちと遊ぶ様子を見ると、これで良かったのかもしれないと感じます。

このなんともスッキリしない結論を迎えた話は、人間の都合で振り回されるペットたちが数多くいることを物語っているのではないでしょうか。

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo

この記事についたタグ

この記事を書いたライター

Tsunayoshi ひまわり
読者の皆様により良い情報をお届けします!

話題のキーワード

今話題のしつけ関連ワード