脚を負傷した保護されたグレイハウンド

引用の出典元:www.facebook.com

獣医師のエレン・ソブリーさんがそのグレーハウンドを初めて診察したのは、年が明けてすぐのことでした。友人のリアンさんがスペインにあるベラというの市場近くで見掛けて保護したのです。

発見された町にちなんでベラと名付けられたそのメス犬は、骨と皮だけのようにやせ細っており、栄養失調の状態でした。おまけに、片足を骨折していたのです。

そして、エレンさんはベラの乳房が大きくなっていることに気付きました。それは明らかに最近ベラが子犬を産んでからそんなに時間が経っていないことを物語っていました。

母犬が向かった先にあったものとは?

ベラの子犬を是非救いたいと思ったエレンさんとリアンさん。どこに子犬たちがいるのだろうと考えを巡らせていました。

そこで、ベラの状態が落ち着いた後、エレンさんたちは数人で連れ立って、最初にベラを発見した場所まで戻ることにしたのです。



休むことなくひたすら歩き続けるベラ。3キロほど歩いて到着したのは、ベラの町外れ。人里離れた場所でした。

ベラが一行を誘導した廃墟の庭に投棄されていた車の中に、あっと驚くものが!

母は強し!揺るぎない母犬の愛

引用の出典元:www.facebook.com

そこには、母犬であるベラを待つ10匹の子犬の姿があったのです。

こうしてベラと子犬たちは無事再会し、エレンさんの動物病院で手厚い保護を受けながら、里親を探しています。



物静かで大人しいベラが、どのようにして野良犬になってしまったのか?また、極度に衰弱してまでどのようにして生き延びてきたのか?それは誰にも分りません。

しかし、10匹の子犬を目にしたとき、エレンさんたちにはベラが必死に生きてきた理由が今ではよく理解できます。その理由は言うまでもなく、子犬たちだったのです。

まさに、母は強し。そして、子犬を守りたい気持ちがエレンさんやリアンさんをはじめとする、母犬の味方になってくれる人間に引き合わせたのだと思わずにはいられませんね。

参照:Stray Dog With Broken Leg Leads Rescuers To The Sweetest Surprise

\クリックするだけ!/無料でNPOを支援する方法

Tsunayoshiでは、誰でも簡単に動物保護団体を支援できる新しい取り組み始めました。みんなの「いいね!」で動物愛護の輪を広めませんか?目指せ、殺処分ゼロ!

興味のあるページに「いいね!」した後は記事をシェアして、多く人に動物愛護に関心を持ってもらいましょう!

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo

この記事を書いたライター

Tsunayoshi オリビア
読者の皆様により良い情報をお届けします!

話題のキーワード

今話題のしつけ関連ワード