犬の里親制度とは?

引用の出典元:www.flickr.com

犬の里親制度とは、保健所等の施設に収容され殺処分される前に、何とか救えないか、と動物愛護団体等が始めた犬を譲渡する制度です。

犬の里親になることは、ペット先進国のイギリスやドイツでは定着していますよね。日本でも動物愛護、保護犬を取り巻く課題に直面しています。

平成25年9月1日より改正動物愛護管理法が施行されました。愛護動物の殺傷、虐待などに罰則が強化されています。

そういった背景も受けて、犬里親になりたい人が増えているのです。

犬の里親掲示板の利用方法は?

犬の里親掲示板をインターネットで検索すると、たくさんの団体が里親の掲示板を開設しています。まずは、お住まいの地域の犬を探しましょう。

様々な保護犬が写真付きで掲載されています。また、その犬の推定年齢や性格が明記されています。

いま現在、犬がどんな状態でいるのかを写真や動画で紹介している掲示板もありますので、犬の事情や今後自分が里親になれるかなどを、じっくり検討しましょう。

犬の里親になるには様々な条件がありますが、基本的には免許証など身分証明の提示や誓約書も交わします。

何となく掲示板を見たら可愛かったので犬を飼いたい、という気持ちではなく、この犬を喜んで受け入れたい!どんなことがあっても一生涯面倒をみる!という強い覚悟がなければ、里親になることはできません。

保護犬の里親になるための心構えと注意点

引用の出典元:www.flickr.com

犬が保護された後に、しつけがなされてお利口になっている犬もいますが、ビクビクが治っていなかったり、病気を抱えている犬もたくさんいます。

場合によっては病院代がかさむかもしれません。しつけに時間がかかるかもしれません。犬の現状をきちんと受け止めて、それに対処できる環境の方が里親になる資格があるのです。

せっかく掲示板で出会った犬が再び悲しい思いをしてしまわないように、家族全員の理解を得て温かい環境で迎えてあげることが大切です。

里親募集の掲示板の中には、ウソを書いていたり、里親詐欺と呼ばれる掲示板があるようですので、里親掲示板を利用する際は慎重に確認したほうが良いですね。

犬の引き渡し場所が近隣県に限られているほうが、かえって安心です。

前向きな気持ちで、保護犬の里親になろう!

引用の出典元:www.flickr.com

いかがでしたか?

犬の里親掲示板の利用方法や心構えについて紹介しました。

犬の里親掲示板によって異なるのですが、譲渡の際にお金はかかると思っていてください。

タダでもらえるから、といった安直な気持ちではなく、その犬との出会いで自分自身も一緒に成長していくんだ、という前向きな気持ちで犬の掲示板を利用しましょう。

そしてどうぞ、素敵な里親さんになって下さい。

あなたを待っている犬が、今そこにいます♪

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo

この記事を書いたライター

Tsunayoshi ジュン@近江
読者の皆様により良い情報をお届けします!

話題のキーワード

今話題のしつけ関連ワード