ネットに投稿された「誰でもいい!引き取って!」

引用の出典元:pixabay.com

これはアメリカ合衆国バージニア州の独立都市・ロアノークで起こった実話です。

「目に入れても痛くない」ほど可愛らしいビーグル犬のモリー。そのモリーの飼い主である男性が、生活掲示板に驚きの広告を出しました。

「誰でもいいので、とにかく早く引き取って下さい!」

そうタイトル付けられた書き込みは、瞬く間に多くの注目を集めたのです。

モリーの写真と一緒に投稿されたメッセージ

引用の出典元:www.photo-ac.com

男性は、お付き合いをしている彼女との間に起こってしまった衝撃の出来事を、モリーの写真と一緒に掲載しました。

僕がお付き合いをしている彼女は、僕が飼っている愛犬のモリーの事が好きではありません。だから、僕は手放さなければいけなくなりました。

生まれの血統はとても良く、僕とは4年間の付き合いです。

この子は遊ぶことが大好きですが、しつけは上手にできていません。

頭の毛並みはゴワゴワしていて、爪のお手入れも常に必要です。ですが、それらを綺麗に保たれることは大好きみたいです。

夜通しでうるさいくせに、僕が仕事で家を空けている時はずっと寝ています。

そしてご飯は、高くて良いものしか食べてくれません。

僕が仕事で疲れ果てて帰ってきても、絶対に出迎えてなんてくれないし、体調が悪いときでさえ、少しも労わってもくれません。

噛んでくることはありませんが、もう本当に最悪です!



彼女に「自分と犬のどちらかを選びなさい!」という、厳しい2択を突きつけられた男性はこのような書き込みを投稿したのです。

それにしても、ずいぶんとヒドイ内容です。相当な不満がたまっていたのでしょうね。

メッセージの最後に隠されていた衝撃の結末

引用の出典元:www.photo-ac.com

しかし、この投稿には衝撃の結末が隠されていました。

ということで、こんなにもワガママで、意地悪で、30歳独身である僕の彼女を引き取ってくださる方を大募集します!僕と愛犬のモリーは、大至急で彼女の引き取り手を探しています!



そう!男性が募集していたのは、モリーの里親ではなく、すでに愛想をつかした彼女の引き取り手だったのです!

男性は「彼女に寂しい思いをさせて申し訳ない」と反省するのかと思いきや、「僕の犬を片付けろって?!冗談じゃない!それならお前を片付けてやる!」と怒りの反撃をしたのでした。

この「譲ります」広告は掲載後、男性に対するたくさんの同情が寄せられるとともに、ユーモアに満ちた内容への称賛のコメントが集まりました。

この後、彼女がどうなったかの確認ができませんが、男性とモリーに幸せな未来が訪れていると良いですね。

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo

この記事についたタグ

この記事を書いたライター

Tsunayoshi cba-kyoto
読者の皆様により良い情報をお届けします!

話題のキーワード

今話題のしつけ関連ワード