戦場で共に戦ってきた勇敢な軍犬

引用の出典元:www.thedodo.com

ジャーマンシェパードの"ボッザ"は、2006年からアメリカ軍の爆発探知犬として活躍していました。

ボッザは、イラク、キルギス、クウェイトで爆発物を発見し、多くの人命救助をした優秀な犬だったと言います。

そんなボッザとスミスさんが出会ったのは2012年のこと。スミスさんはボッザとの思い出をこう語ります。

「私は彼と一緒に働くのが大好きでした。彼は私にたくさんのことを教えてくれました。そして、私も彼にこの仕事以外にも君が生きる道はあるんだよ、と教えてあげたんです」

緊張から解放され、ノビノビ生活を満喫

引用の出典元:www.thedodo.com

戦場しか知らなかったボッザに、ようやく任務が解かれる日がきました。スミスさんは、迷うことなくボッザを家族に迎え入れて一緒に過ごすことを選択します。

しかも、戦場から自分が撤収する同じ日に連れて帰ることを心に決めていました。その願いは叶い、ボッザが戦地から帰宅したのはスミスさんの自宅でした。

もう、仕事上の相棒ではなく互いを必要とする家族です。2人には一緒に遊べる時間がたっぷり残されていました。

ボッザは緊張から解放されたせいか、本来の天然ボケで穏やかな性格が前面に出てきたようです。

ボッザは自分の影を見てワンワン吠えることや、スミスさんが手で作ったウサギの影絵を追いかけ回すのが大好きな、普通の犬に戻っていました。

ボッザはスミスさんが行くところならどこでもついて回り、眠る時はスミスさんのベッドに一緒に横たわり、「おやすみなさい」と、毎晩スミスさんに語りかけてくれました。

スミスさんの横にオスワリして、ギターの音色に耳を傾けるボッザの落ち着いた様子は、まるで兄弟のように見えます。

難病は静かに愛犬の体を蝕んでいた

引用の出典元:www.thedodo.com

軍犬から普通の犬に戻ることができたボッザはスミスさんとあちこちに出掛け、楽しい日々を満喫していました。きっとこの頃には、爆弾の火薬のニオイも忘れていたかもしれません。

しかし、11歳になった2016年の夏、ボッザの体に異変が起きてしまったのです。犬の脊髄に影響を与える進行性の難病、「変性性脊髄症」を患っていることが判明しました。

この変性性脊髄症は、ジャーマン・シェパードやボクサーといった犬種に多く発症する病気で、9~11歳ごろから症状が現れます。当初は痛みもなく時間をかけて麻痺が進行していく脊髄の病気です。

徐々に進行し後ろ足の麻痺から前足にも症状が出始めるころには、自力で排泄することさえ困難になってきます。末期になると、すべての足が麻痺して歩くことはおろか、呼吸困難や嚥下困難、全身の筋萎縮が起きるのです。

残念ながら難病であるこの病気への治療方法はなく、過度な理学療法で筋肉を逆に痛めてしまうこともあります。

ボッザは戦場で任務を遂行しているころから、変性性脊髄症と静かに闘っていたのかもしれません。

参考:埼玉動物医療センター/変性性脊髄症

ボッザの安らかな最期に崩れ落ちた飼い主

引用の出典元:www.thedodo.com

ボッザの後ろ足は徐々に麻痺が進行し、上手く歩くことができなくなっていました。やっとのことで立ち上がれるものの、毎日の排泄をさせてあげることすら困難な状態に陥ります。

スミスさんはボッザのこれまでの辛かった犬生を知っているだけに、愛犬家なら誰しもが絶対にしたくはない「安楽死」を選択するしかありませんでした。

ボッザはテキサス州の動物病院で安楽死することが決まり、スミスさんは上司と同僚の9人と共にボッザを病院へと連れて行きました。

全員はボッザに敬意と愛情を払い、床に毛布を丁寧に敷き、ボッザができるだけ快適に横たわれるように配慮します。

そしてその時が来ました。

それまでの痛みから解放されたボッザがすうっと息を引き取ると、病に侵される前に見せていた幸せいっぱいの笑顔に変わります。


引用の出典元:www.thedodo.com

次の瞬間、ボッザを愛し続けたスミスさんは、号泣と共にその場に崩れ落ちてしまいました。

軍人たちの命を守り、戦争で傷ついた心を癒してくれたボッザ。お茶目で可愛かったボッザの瞳は、もう2度と自分を見つめてくれることはありません。

同僚たちは、まるで赤ちゃんの背中をさするようにして、「これで良かったんだ、大丈夫、大丈夫だよ」と、スミスさんを慰めます。

そして、スミスさんの上司はアメリカの国旗を掴むとボッザの体に掛け、最期のはなむけとしました。

国旗をまとったボッザを見たスミスさんは、自分でも信じられないほどに心が落ち着き、一瞬で平和な気持ちが舞い降りてきたと言います。

それは、ボッザから大好きなスミスさんへの最高のプレゼントだったのかもしれません。

スミスさんは「人間のために忠実に気高く生きたボッザを決して忘れない」と、愛犬との思い出を胸に強く生きていくことを誓いました。

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo

この記事についたタグ

この記事を書いたライター

Tsunayoshi ひまわり
読者の皆様により良い情報をお届けします!

話題のキーワード

今話題のしつけ関連ワード