超大型犬にはない優雅さを感じるアイリッシュ・ウルフハウンドの特徴

引用の出典元:www.shutterstock.com

アイリッシュ・ウルフハウンドは超大型犬に分類される犬種ながら、同じ超大型犬のグレート・デーンほど重々しく感じることはありませんが、堂々とした外見は筋肉質で力強く、加えて優雅さを感じさせます。

大きい体格は特に重要視されていて、この体格に敏捷さと力強さを持ち合わせることで、大型の獲物も楽々と追い詰めて仕留めることができるとされていました。

アイリッシュ・ウルフハウンドの平均的な体重は、男の子で60kg前後、女の子で50kg前後です。

体高は、男の子で80cm前後、女の子で75cm前後とされています。
数字で見るだけでも、やっぱり「超大型犬」ですね♪

毛色は、グレー、ブリンドル、レッド、ブラック、ピュア・ホワイト、フォーンなど種類が多いのも特徴です。

被毛自体は硬めなのですが、寒さや湿気、また狩猟犬として敵の牙から身体を守る役目を果たしています。

特に目の周りや顎の下は、長く針金のような毛で覆われています。

数々の武勇伝も伝えられる勇敢なアイリッシュ・ウルフハウンドの歴史


超大型犬であるアイリッシュ・ウルフハウンドは、紀元前1500年頃までにギリシャからアイルランドへ渡ってきたと考えられています。

アイルランドへ渡ってから、さらにその身体は大型化して堂々とした印象を人々に与えました。そのせいか、ローマへ贈り物として献上されたほどでした。

威厳に満ちながら優雅な外見と風格、闘技場で獰猛な動物と闘う勇敢さがローマの人々の心をとらえたと言われています。

アイリッシュ・ウルフハウンドはアイルランドでも高く評価されており、数々の武勇伝が伝えられています。

古代アイルランドでは、大型の猟犬は「ク」という勇敢さを意味する呼び名で呼ばれ、アイリッシュ・ウルフハウンドも勇敢な狩猟犬と言う意味の「ク・ファオイル」という名前で知られていました。

狼や大鹿などを仕留めることができる、他の犬種の追随を許さない猟犬としての気質が猟師たちからも重用されていたそうです。

1800年代までアイルランドの農家では、狼の襲撃から家畜を守るためにアイリッシュ・ウルフハウンドの飼育が不可欠でしたが、だんだんと狼の数も減って、それと比例するようにアイリッシュ・ウルフハウンドの数も次第に減少していきました。

また、昔から海外の貴族たちへの贈り物として国外に出されていたことも、アイリッシュ・ウルフハウンドの減少に拍車をかけたようです。

そして、アイリッシュ・ウルフハウンドは絶滅に近い状態に陥り、1845年の飢饉によって更に頭数が激減したのです。

その後1869年に、G.A.グラハム大尉を中心とする愛好家が絶滅寸前のウルフハウンドを捜し出し、ディアハウンドの血を掛け合わせたり、時にはボルゾイやグレート・デーンを交配させることによって、何代にも渡って同じタイプの犬を繁殖できるようになりました。

なかでも「ブラン」という名前のアイルランド最後の純血のアイリッシュ・ウルフハウンドから産まれた犬を1870年代に開催されたショーに出品し、大評判になったといわれています。

おっとりしている性格が特徴的なアイリッシュ・ウルフハウンド

引用の出典元:www.shutterstock.com

アイリッシュ・ウルフハウンドの特徴的な性格といえば「大きな身体でありながら、おっとりと優しい犬」として多くの飼い主から愛されていることでしょうか。

大きな身体を活かして、闘犬や狩猟犬として活躍してきた歴史を持っているアイリッシュ・ウルフハウンドですが、普段は物静かで落ち着きがありますし、感受性が強い割には我を張ることもなく、穏やかで強い忍耐力を持ち合わせています。

家族のことが大好きで、小さなお子さんや猫をはじめ他の動物とも仲よく過ごすことができます。

感受性が強いがために、時には見知らぬ人に対して強い警戒心を見せたり、少々攻撃的に振舞ったりすることありますが、これはアイリッシュ・ウルフハウンドだけに限ったことではありません。

ただ、とても大きな身体の持ち主なので、一緒に暮らすうえでの環境整備は十分に注意が必要ですね。

アイリッシュ・ウルフハウンドの寿命はどれくらい?


超大型犬であるアイリッシュ・ウルフハウンドの平均寿命は8歳前後とされています。他の大型犬種とあまり差はありません。

出来るだけ健康で長生きしてくれるよう、日頃から体調の変化などをしっかりと見極めてあげるようにしたいものですね。

アイリッシュ・ウルフハウンドの特徴的な病気あるの?

引用の出典元:www.shutterstock.com

アイリッシュ・ウルフハウンドと一緒に暮らす時に、まずは大型犬の特徴的な病気である「胃捻転」や「鼓腸症」に注意が必要です。

多くの大型犬は早食いですしドカ食いも多いですから、できれば1日2回以上に分けて食事をさせたり、食後は激しい運動などをさせずに、ゆっくりと落ち着いて過ごさせるようにしてください。

また、これも大型犬の特徴的な病気のひとつ「股関節形成不全」には気をつけましょう。

この病気は遺伝的な場合も多いので、アイリッシュ・ウルフハウンドを迎える時は、親犬がこの病気にかかっていないかなど健康面での情報を聞いておいた方が良さそうです。

遺伝的には大丈夫であっても、脚を引きずるような仕草が続いていたり、おすわりの姿勢が少し傾いていたりといったことがある時には「股関節形成不全症」の可能性がありますから、かかりつけの獣医師に診てもらうことをお勧めします。

アイリッシュ・ウルフハウンドと心豊かに暮らすための飼い方とは?


アイリッシュ・ウルフハウンドは持って生まれた気質や性格の特徴から飼いやすい犬ですが、何といっても身体が大きいですから、さまざまなことを考慮して環境を整える必要があります。

まず、生活スペースは広いに越したことはありません。体高が80cm前後となりますから、愛犬が通る周辺には落ちて困るような物やケガをしそうな物は置かないようにすることをお勧めします。

体重も50kg以上になりますので、硬く狭い場所に寝かせ続けるとタコが出来てしまうことがあるので、広めの柔らかいマットやベッドを用意することが必要です。

現在は、低反発のマットなど身体に優しい素材の物も多くありますから活用してみるのも良いですね。

そしてアイリッシュ・ウルフハウンドは、毎日の運動が欠かせません。

全速力で走ったりすることは必要ないのですが、1回に1時間程度の散歩をしてあげることが理想的ですので、飼い主もある程度の体力を維持していかなければなりませんね。

アイリッシュ・ウルフハウンドの被毛のケアは週に2回程度のブラッシングで良いのですが、時間に余裕があればコニュニケーションやスキンシップを兼ねて毎日ブラッシングをしてあげるのも良いですよ。

そうすることで、身体のちょっとした変化もすぐに気づくことができますのでオススメです!

アイリッシュ・ウルフハウンドってこんなに上手に遊べるんだぁ♡

引用の出典元:www.youtube.com

こんな小さなジャックラッセル・テリアと上手に遊べるなんて、ホントに闘犬・猟犬だったの?と思ってしまいますよね。

今でも超大型犬を飼うという大変さがあり、その人気は小型犬には負けてしまいますが、アイリッシュ・ウルフハウンドの堂々とした外見と心優しい性格は、たくさんの人々を虜にしているようです♪

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo

この記事についたタグ

この記事を書いたライター

Tsunayoshi anddog_nao
読者の皆様により良い情報をお届けします!

話題のキーワード

今話題のしつけ関連ワード