「皮膚病を承知で引き取る」と名乗りを上げた保護団体

皮膚病によって、酷い容姿となってしまったワンコ。ヒゼンダニという寄生虫が全身を蝕んでおり、誰にも引き取られずに保健所に収容されていました。

保健所の職員もワンコの未来については悲観的で、このまま殺処分される運命にいることは誰の目から見ても明白でした。

しかし、とある保護団体が名乗りをあげます。

なんと、皮膚病であることを承知したうえで、治療も含めてワンコをシェルターに引き取ると申し出たのです。

この出来事が、ワンコの運命を大きく変えることとなりました。

無事に保護されて皮膚病を克服し、そして誰もが目を疑うほど美しい元の容姿を取り戻していくのです。

皮膚病を克服し、美しい姿を取り戻すまで

引用の出典元:www.youtube.com

いかがでしょうか?

皮膚病を患って保健所にいた頃からは、想像すらできないほど美しい姿を取り戻したワンコ。皮膚も時間をかけて見事に完治しましたね。

そして、こんなにも美しい毛艶と健康的な笑顔になりました。

保護された時、診察代の上では自分に未来に悲観したかのような表情だったことを考えると、病を克服したことでワンコの犬生が180度変わったことがわかりますね。

あの時、「皮膚病を承知で引き取る」と名乗り出てくれた保護団体のおかげで、ワンコは第二の犬生を手にいれることができたのです。

「ワンコを救いたい」という確固たる信念があったからこそ下せた決断です。誰にでもできることではありませんよね。

不幸なワンコを1頭でも多く救うために日々活動を続けている保護団体を讃えるとともに、私たち一般の愛犬家にもできることを考え、動物愛護活動を支えていきたいものです。

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo

この記事を書いたライター

Tsunayoshi オオバやん
読者の皆様により良い情報をお届けします!

話題のキーワード

今話題のしつけ関連ワード