スタッフォードシャー・ブル・テリアの特徴

引用の出典元:www.shutterstock.com

スタッフォードシャー・ブル・テリアの特徴

・サイズ:中型犬
・体高 :オスメスともに 35~40cm
・体重 :オス 12~17kg メス 11~16kg

スタッフォードシャー・ブル・テリアは、がっちりとした筋肉質の中型犬です。重心は低くどっしりとしています。まるでラグビー選手のような体付きで、力強く走る姿は見応えがあります。

やや広めの額に半立ち耳、首は太く短めで、骨太の脚が特徴です。尾に飾り毛はなく、垂れています。マズルは太く短めで、顎が強く噛む力は強靭です。

スタッフォードシャー・ブル・テリアの被毛はなめらかな短毛です。毛色は、レッド、フォーン、ホワイト、ブルー、ブラック、ホワイトのブリンドルがあります。

スタッフォードシャー・ブル・テリアは、「スタッフィー」「スタッフォード」「スタ」「ナニー・ドッグ(子守犬)」と、愛称が多いのも特徴です。

スタッフォードシャー・ブル・テリアの歴史


・原産国:イギリス
・用途 :ネズミ駆除、闘犬

スタッフォードシャー・ブル・テリアは、イギリスが原産です。18~19世紀にかけて、ブルドッグと様々なテリアを組み合わせて誕生した犬種です。

当時のイギリスの労働階級では、犬と牛やクマを戦わせる闘犬スポーツが娯楽として普及していました。今でこそ考えられないのですが、牛やクマを固定して、闘犬を放ち襲わせて賞金を獲得するというギャンブルでした。より強い犬を作るために、ブルドッグやテリアの気質が利用された、という歴史を持っています。

1835年に、闘犬による競技は全て禁止されましたが、裏では犬同士を戦わせるギャンブルが50年近くも続いたといいます。しかし時代と共に、闘犬への関心も薄まり、行われることはなくなりました。

時を同じくして、愛好家たちによって、なんとかこの犬の良さを残したいと、テリアの中で最もスレンダーなマンチェスター・テリアを交配し、軽いタイプに改良され、わずかながら飼育が続けられました。

闘犬による競技が禁止されてから100年後の1935年には、念願のイギリスケネルクラブに公認され、スタッフォードシャー・ブル・テリアは、イギリスの家庭犬として人気を得ることとなります。

アメリカにもスタッフォードシャー・ブル・テリアは、持ち込まれました。より重く大型の闘犬として改良され、アメリカン・スタッフォードシャー・テリアという別の犬種として登録されています。しかしアンダーグランドでは闘犬が行われていたとみられ、さらに改良を加え、各国で飼育禁止とまでされるピット・ブルを生みだしました。

狂暴性の高いピット・ブルと姿が似ているため勘違いされやすいのですが、スタッフォードシャー・ブル・テリアは家庭犬として改良された犬種です。

2014年度ジャパンケネルクラブのスタッフォードシャー・ブル・テリアの登録頭数は138犬種中、84位で30頭です。極端な飼育数の増減もなく、愛好家の間で大切に育てられています。

スタッフォードシャー・ブル・テリアの性格

引用の出典元:www.shutterstock.com

スタッフォードシャー・ブル・テリアの性格は、闘犬がゆえに、飼い主への従順さはピカイチな性格です。興奮していても飼い主の指示を守る必要があったことが理由です。

現在販売されているスタッフォードシャー・ブル・テリアの性格は、陽気で飼い主に優しい愛情を見せる性格です。人なつっこく、素直な性格で、しつけにも反抗することはありません。

ただし、見知らぬ犬が挑戦的な態度で近づいたり、ストレスが溜まるような環境だったりすると、本能的に攻撃的な性格が出る場合があります。

イギリスでは、子守をする「ナニー・ドッグ」の愛称で呼ばれるなど、実は子供とは仲良く付き合える、頭の良さと優しい性格の持ち主なのです。

【スタッフォードシャー・ブル・テリアの性格まとめ】
・従順
・陽気
・愛情深く優しい
・時に攻撃的
・頭が良い

スタッフォードシャー・ブル・テリアの平均寿命とかかりやすい病気


スタッフォードシャー・ブル・テリアの平均寿命は12~14年程度と考えられています。

スタッフォードシャー・ブル・テリアがかかりやすい先天的な病気は特にありません。気をつけたい病気も特になく、丈夫で病気知らずの犬種といえるでしょう。

ただし、他の犬種もそうですが、白内障になることが予想されます。目の水晶体が濁る病気で、網膜まで光が届かなくなり、目が見えにくくなります。これまでぶつからなかったドアなどにぶつかることがあれば、白内障などの目の病気も視野に入れて様子を見て下さい。

老犬になる前の段階で発見ができれば、手術をすることも可能です。老犬になってからの白内障手術は、全身麻酔の影響を考えて、手術をしないほうが良いと獣医の判断がされるケースもあります。

スムースタイプの被毛を持つスタッフォードシャー・ブル・テリアは、特別な手入れはありません。皮膚病の予防にもなりますので、獣毛ブラシで全身をマッサージする程度で十分です。しぼったタオルで体を拭いてあげるのも良いでしょう。

スタッフォードシャー・ブル・テリアの飼い方

引用の出典元:www.shutterstock.com

スタッフォードシャー・ブル・テリアを飼うなら、断然、室内飼育が理想的です。屋外で番犬のように飼われると、家族との触れあう時間も少なくなり、ストレスが溜まりやすくなります。いつも家族の話声が聞こえる場所に、自分の居場所を求める愛情深い犬種なのです。

スタッフォードシャー・ブル・テリアは、体力を十分に使わせるだけの運動量が必要です。散歩は、1日30分程度を2回行います。個体によっては、それだけでは足りないことがあります。足りない状態かどうかは、室内にいる時にウロウロ歩きまわったり、遊びをせがんだりするかどうか、で見極めます。

ボール投げや引っ張りっこといった遊びをしたいところですが、あまり興奮させるような運動は好ましくありません。遠くに投げずに、ポンと1メートルぐらいの距離に投げ、モッテコイを繰り返すのが良い遊びです。引っ張りっこをする場合は、唸るほど興奮させてはいけません。飽きる前に終わらせましょう。

家族と一緒に穏やかなゲームを通して遊ぶのも大好きです。例えば、紙コップを2つ用意して、片方におやつやドライフードを1粒入れておき、「どっちかな?」と頭を使わせて遊ばせます。たわいもないコミュニケーションを大切にして育てましょう。

スタッフォードシャー・ブル・テリアは、暑さや寒さに弱いですから、お散歩する時間帯には気をつけましょう。熱気が溜まるアスファルトの多い道は避け、雑草や芝など緑の生えている場所を選べば、温度もあまり上がっていませんのでおススメです。

飼い主の命令に素直に従う性格ですから、幼犬の頃から一貫した正しいしつけを行いましょう。信頼関係を作り上げることができれば、この上なく愛らしい表情を見せてくれる犬種です。

スタッフォードシャー・ブル・テリアの成長動画

引用の出典元:www.youtube.com

スタッフォードシャー・ブル・テリアのアビーが家族として迎えられました。

元気いっぱい芝生を走り回る子犬のアビー。遊び疲れてぐっすり夢の中。寝ぼけて思わず左手が挙がってしまいます!きっと「そのボール、ちょうだい!」と遊びの続きを夢見ているのでしょう。

だんだん大きくなっていくにつれ、色々なものに興味を示しています。クルクル回る鳥のオモチャに「怖いのかな~。ちょっと吠えてみよう。」

成犬になったアビーは跳躍力も凄いのです。公園の水飲み場で、1メートル弱の高さもなんのその!ピョンと飛び乗り、美味しそう~に水を飲みます。

口の周りに白髪が生え始めたアビー。パパと一緒に歯医者さん体験。ちょっと日本では無理ですが。

子犬の時は車の中で、あれほどキャンキャン言っていたアビーも、大人になったら、とてもお利口になっています。

犬との大事な時間がギュッと凝縮されていて、思わず心がキュンとなる動画でした。

スタッフォードシャー・ブル・テリアに見つめられたい!


スタッフォードシャー・ブル・テリアの、可愛らしい眼差しには、本当にやられちゃいます。ちょっと強面な顔ですが、愛嬌があってなんとも味わい深い顔をしています。

飼い主への愛情表現も豊かで、一見甘えん坊な犬種です。日本での飼育頭数も決して少ない数ではありません。スタッフォードシャー・ブル・テリアを目いっぱい可愛がって、共有の思い出をたくさん作って下さいね♪

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo

この記事を書いたライター

Tsunayoshi ひまわり
読者の皆様により良い情報をお届けします!

話題のキーワード

今話題のしつけ関連ワード