ゴミ箱に捨てられていたロットワイラーの兄弟犬

引用の出典元:youtu.be

その保護犬2頭は、アメリカ・ワシントン州のゴミ箱から救出されました。無事、里親に引き取られ、ロットワイラー犬にはそれぞれ「ハンク」「ブルータス」と名前が付けられました。

飼い主さんはこれまでにも多くの保護犬を引き取っていて、先住犬とも仲良く暮らし始めます。そんな矢先、いつもの朝を迎えるはずだったハンクが、夜中、静かに息を引き取っていたのです。

前の日も美味しそうにご飯を食べ、元気だったハンク。ブルータスは、ハンクの頭に頬を寄せたまま、決して動こうとはしませんでした。

彼らの未来には、ワクワクの日々が待っていたはず。。残されたブルータスの表情には、悲しみと不安が満ち満ちています。彼の目には、うっすらと涙が溜まっていたそうです。

飼い主さんが「ごめんよ、ごめんよ・・・。大丈夫だよ、ブルータス。」と嗚咽する場面は、涙なしでは見ることができません。

飼い主さんもブルータスも、あまりにも突然の家族の死を、どう受け入れて良いのかわからなかったようです。

ブルータス、君の10歳のバースデイケーキだよ!

引用の出典元:youtu.be

そんな悲しい日から1年が経ち、ブルータスは10歳の誕生日を迎えました。ブルータス専用の犬のケーキも作ってもらいました。

初めてのケーキだったのでしょう。最初は少し不安そうな顔でしたが、飼い主さんが「君のケーキだよ、ほら食べて!」と指にとって口元に運ぶと、美味しそうにペロリン!

やはり捨てられていたときの何らかの恐怖心が記憶に残っていて、嬉しいはずのケーキでも、このような不安な顔をするのか、と感じました。

犬も人間と同様に愛や悲しみの感情がある

引用の出典元:www.flickr.com

飼い主さんは、兄弟の死がもたらした愛犬の繊細な感情に驚いたと言います。犬も嬉しければ口を開けて笑い顔になり、悲しければ目が上目遣いや伏し目がちになります。

犬のしぐさを見ていると、単に話ができないだけで、人間と同様の感情があるように思えます。

仲間を呼んだり危険を知らせたりする遠吠え、こっちに来て一緒に遊ぼうよ!のワンワン声など、確実に犬同士は感情を表現し、情報のやりとりをしています。

イギリスのエモリー大学勤務の神経経済学者・グレゴリー・バーンズ博士の研究により、犬には人間の子どもと同じレベルの感情があることがわかりました。

となると、やはりブルータスも兄弟の死を理解し、悲しんでいた可能性が大きいですね。

さらに、ハンガリーの科学者・アッティラ・アンディクス博士らによって、犬は人間の感情をも理解している、という研究結果が出ています。

多頭飼いをしている飼い主が、ペットロス的な感情になっていれば、残りの犬もその感情を理解し、影響を受ける、ということになります。

同居犬が亡くなったら残された犬はどうなるのか?

引用の出典元:www.flickr.com

実際に、同居犬が亡くなったあと、他の犬たちはどんな風になるのか、体験談をご紹介します。

14才の犬が死にました。その後、別の12才犬が変なんです!
最近気付いたんですが、12才のシェルティー(キャンディ-)の様子が、その頃から、おかしいのです。
反応が、遅いし、鈍いし、喜びも殆ど感じない様子で、生きているという主張が、見られない感じです。

以前に比べ、グッタリ、している様で、寝てばかりいます。呼んでも、なかなか来ないし、イヤイヤながら、従っています。

このまま、死んでしまうのではないか、と、思うほどです。

出典:14才の犬が死にました。その後、別の12才犬が変なんです! - 先月末、14... - Yahoo!知恵袋

1匹の愛犬が亡くなったら、もう1匹の愛犬の行動に変化が出て来ました。

・おもちゃで遊ばなくなる
・お皿が音を立てただけで、こわがりごはんを残してしまう
・留守番になると、何とも言えない不安でさみしそうな顔をし、見送る様になった
・亡くなった子が生前行っていた、亡くなった子特有の動き(クセ)を真似する
(飼い主が寝て見ていない時などに行う)
・亡くなった子だけが生前徘徊していた場所を、夜中こっそりと徘徊してみる
・突然遠くを見て吠えてみる
・寝かたが変わった
・一匹がイヤだと言わんばかりに、以前以上に誰かと一緒にいようとする
・ごはんは変わらないのに、うんちの量が3分1くらいに減った

出典:1匹の愛犬が亡くなったら、もう1匹の愛犬の行動に変化が出... - Yahoo!知恵袋


7頭の多頭飼いを経験した私の体験談もお伝えします。毎朝の日課は、ビーグル軍団がリーダーのグレートデーンに挨拶に行くところから始まります。

リーダーが亡くなった日もいつものように挨拶に。横たわるグレートデーンの顔のニオイを嗅いだ瞬間、ビーグルたちは全員逃げ去りました。

私もそのおかしな行動で愛犬の死を知りました。笑顔で寝ている姿からは、にわかに信じられず、「ホントに死んでるか、もう1回見てきて!」と無理やり近づけようとしても、二度とニオイを嗅ぐことはありませんでした。

狩猟犬として飼育していたので、もしかしたら本能的に病気の感染を恐れたのかもしれません。わが家のケースでは、飼育頭数が多いこともあるのか、特に残された犬たちが具合が悪くなることはなかったです。

もし、2頭飼育で片方の愛犬が亡くなった際には、早く悲しみが癒えるよう、残された犬を愛情深く見守ってあげたいですね。

\クリックするだけ!/無料でNPOを支援する方法

Tsunayoshiでは、誰でも簡単に動物保護団体を支援できる新しい取り組み始めました。みんなの「いいね!」で動物愛護の輪を広めませんか?目指せ、殺処分ゼロ!

興味のあるページに「いいね!」した後は記事をシェアして、多く人に動物愛護に関心を持ってもらいましょう!

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo

この記事を書いたライター

Tsunayoshi ひまわり
読者の皆様により良い情報をお届けします!

話題のキーワード

今話題のしつけ関連ワード