ペットの輸送方法は飛行機

引用の出典元:: SOURCE

カリフォルニア州ウッドランド・ヒルズにあるペットの保護団体『Wings Of Rescue』。この団体は、非常にユニークな保護活動を展開していることから、過去に度々メディアにも取り上げられています。

この団体のユニークな保護活動とは、カリフォルニア州のハイ・キル・シェルター(high-kill shelter: 殺処分を頻繁に行うシェルターのこと)から犬猫を飛行機に乗せて、他州のノー・キル・シェルター(no-kill shelter:殺処分率が90%以下のシェルター)に移動させることです。

『Wings Of Rescue』は、2015年の終わりまでに約2万匹の犬猫を保護した実績を持つ団体です。2016年には、すでに1万6千匹の犬猫が飛行機に乗ってカリフォルニアを出発しています。

カリフォルニア州から他州へ犬猫が輸送される理由

引用の出典元:www.dogster.com

カリフォルニア州は、全米でも人口が多い州のひとつです。それに比例して、ペットの数も、そして、不幸にもシェルターに辿り着くペットの数も多くなります。

シェルターに辿り着く犬猫が多いことは、何を意味するでしょう?それは、人口過密状態のため、シェルターで長期に渡ってペットを保護することが不可能なことを意味します。

安楽死させられる犬猫の中には、治る見込みのない病気に侵された子、手の施しようもないほど攻撃的な子もいます。しかし、ほとんどの犬猫は、単純にスペースが不足していることを理由に安楽死させられています。

『Wings Of Rescue』の代表者は、カリフォルニア州のシェルターにいる健康で性格に問題がない、『死ぬ必要がない犬猫』をどうにかして助けられないものかと考えました。そして、カリフォルニア州付近のいくつかの州(主に、オレゴン、ワシントン、アイダホ、モンタナ)には、ノー・キル・シェルターが多いことに気付きました。そして、カリフォルニア州のシェルターには小型犬と中型犬が多く、これらの州では小さめの犬の里親希望者が多いことにも。

空路で輸送するメリット

引用の出典元:www.fromthegrapevine.com

今までは、トラックやバンを使用しての陸路で保護犬を輸送するのが、保護団体の常識でした。その常識を覆して空路を選んだ理由は、時間をセーブ出来るからです。

通常、陸路で二三日掛かるところが、空路ではわずか数時間だけで済みます。保護される犬猫には、その方が心身の負担が少ないことは明らかです。

『Wings Of Rescue』の保護活動は、すべてボランティアと寄付金で賄われています。したがって、パイロットたちも皆ボランティアです。もちろん飛行機も、パイロットたちの自家用機。

彼らは、空を飛ぶことをこよなく愛しているのと同時に、犬猫もこよなく愛しています。そんな両方の情熱を形にしたのが、『Wing Of Rescue』でのボランティア活動なのです。パイロットたちは、自分たちが飛行機を操縦することで犬猫の命を救えることに大変満足感を覚えているそうです。

Wings Of Rescueの今後の課題

『Wings Of Rescue』は、多い月には500回ほど飛行機で犬猫を他州のシェルターへ輸送します。最も多忙な時期は、クリスマス前後だそう。

一度のフライトに掛かる燃料費は、なんと一時間につき約1000ドル。その燃料費も込みで、ボランティアのパイロットたちは自家用機を使って保護活動に勤しんでいます。

保護活動に飛行機を使用すること自体スケールが大きく、さすが広大な国土のアメリカ!と感心させられますね。また、掛かる莫大な費用を自己負担することも、なかなかできないことだと思います。

『Wings Of Rescue』では、1匹でも多くの犬猫の命を救うために、積極的に一般にも寄付を呼び掛けています。

彼らの保護活動には頭が下がります。しかし、根本的な問題は、カリフォルニア州でシェルターに辿り着く犬猫が多いことです(大多数は、ピットブルの雑種とチワワだそうです)。そして、保護した動物を単に他州のノー・キル・シェルターに移動させても問題解決にはならない。必要なことは、避妊・去勢手術の徹底とマイクロチップの装着だと指摘する専門家もいます。

これらは今後、州レベルだけでなく、個人レベルでも取り組んで行かなければいけない問題であることは確かです。

参照:Pilots are angels of mercy for homeless California dogs

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo

この記事を書いたライター

Tsunayoshi オリビア
読者の皆様により良い情報をお届けします!

話題のキーワード

今話題のしつけ関連ワード