犬のわがままってどんなもの?

引用の出典元:shutterstock.com

ところで、犬のわがままってどのようなものなのでしょうか?よくある特徴として、次の5つようなものが挙げられます。

  1. 飼い主のいうことを全くきかない
  2. 悪いことをしたので叱ると、「吠える」「威嚇する」といった反抗的な態度を取る
  3. 自分のフードは食べずに、食べたいもの(嗜好性の強いものや、人間の食べ物など)を出してもらえるまで何も口にしない
  4. 散歩のときに自分勝手な方向へ歩こうとする
  5. 自分の思い通りにならないと唸ったり、吠えたりする

このチェック項目の中でいくつか当てはまるものがあれば、その子は今後「わがまま犬」としての対処が必要かもしれません。

愛犬のわがまま、一体何が原因なのか?

引用の出典元:shutterstock.com

赤ちゃんのときには決してわがままではなかったのに、大人になるにつれて言うことをきかなくなったという話を耳にすることがあります。

一方で「甘やかし過ぎたのが原因かも」というのもよく聞く話です。

そう、われわれは、自分たちの態度のせいで愛犬がわがままになってしまった可能性に気付いているのです。

犬という動物は、例えば飼い主がすべての要求に従ってしまうなど、本来注ぐべきではない方向に愛情を注いでしまうと、何でも許されるものだと勘違いをしてしまいます。

そしていつもなら許してもらえる要求が通らなかったときや、新たな要求に応えてもらえなかったときなどに、癇癪を起こしてしまうのです。

しつけで愛犬のわがままを直すには?

引用の出典元:shutterstock.com

では犬のわがままを矯正するのに必要な接し方とは、どのようなものなのでしょうか。まず大切なのは、犬の言いなりにならないことです。飼い主がリーダーシップを取ることで犬は上下関係を学び、お互いの信頼関係を築くことができます。

それから「待て」や「おすわり」など、基本的なしつけは覚えさせておくとよいでしょう。

飼い主の号令に従ってほめられれば犬も嬉しくなりますし、その分お互いの信頼関係も深まります。また「待て」や「おすわり」などは、例えば散歩中に思わぬことが起きたときなどにも犬の動きをいったん静止することができますので、アクシデントを防ぐのにも役立ちます。

犬が何か要求してきたときや、要求吠えを続けるときなどには、徹底して無視することが必要です。

あまりにも吠えたり悲しそうな表情をされたりするとつい従ってしまいたくなりますが、ここは心を鬼にして無視!こうすることでリーダーシップを示すことができますし、犬もどんなに吠えてもその要求は通らないということを学びます。

犬を変える?自分が変わる?

引用の出典元:shutterstock.com

さて、愛犬のわがままを改善するのに最も有効な方法とは、一体何なのでしょうか?

わがままになってしまった子を変える1番の近道、それは、実は「自分が変わること」なのです。

犬に厳しい態度を取って過度に甘えない子に変える前に、犬に対していつもデレデレしてしまっている自分を変える努力が実は必要なのです。犬の要求に従わないということは、言い換えれば「犬に厳しく」ではなく「自分に厳しく」ということなのでしょう。

犬との関係に一線を引きいつも毅然とした態度を取っていれば、犬も飼い主をリーダーと認め、素晴らしい関係を築くことができるようになります。とはいえ、犬の性格だっていろいろです。

自分には対処が難しいと感じたらプロのトレーナーさんに相談するのもよいでしょう。その子に合ったしつけを教えてもらえるはずです。

わがままを言っている方も、きっとストレスは溜まっているはず……。

わがままをなくすことで、双方がハッピーになれるドッグライフを目指したいですね。

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo

この記事についたタグ

この記事を書いたライター

Tsunayoshi PomPom
読者の皆様により良い情報をお届けします!

話題のキーワード

今話題のしつけ関連ワード