世界でたった一人、最愛の飼い主との別れ

引用の出典元:www.facebook.com

この黒い犬の名前は"Negao(ネガオ)"です。8ヶ月前、ネガオは最愛の飼い主さんを失ってしまいました。

実は、ネガオの飼い主さんはホームレスの男性で、感染症にかかり救急車で運ばれたのです。救急車の後ろをネガオは必死に追いかけます。しかし、感染症が致命傷となり男性は帰らぬ人に…。

まさかネガオにとってこの日が最愛の飼い主との別れになってしまうとは…。なんという悲しい別れなのでしょうか。

ネガオは、きっとここで待っていれば大好きな飼い主と会えるはずだ、と固く信じて、救急車の搬送口で最愛の飼い主を待ち続けたのです。

ひたすらに飼い主を待ち続けるワンコ

引用の出典元:www.facebook.com

ストレッチャーに乗せられた飼い主さんが、この建物に間違いなく入っていくのをネガオはしっかりと目撃していました。

「今日はきっとこの扉から出てくるはず、明日はきっと…。」最愛の飼い主が、笑顔で自分に走って来る姿を夢見ながら、ネガオは毎日毎日待ち続けました。

そして、時間は無常に過ぎていき、実に8ヶ月という長い日々を病院の敷地内で過ごすことになるのです。

ネガオは救急車が搬送される度に、ストレッチャーに乗っている人が最愛の飼い主ではないのか、と確認せずにはいられませんでした。

あまりにも純粋な心で飼い主を待ち続けるネガオ。"犬の忠誠心"という言葉だけでは片づけられません。

病院側で里親を探すも脱走するワンコ

引用の出典元:www.facebook.com

病院のスタッフは8ヶ月間もの間、ネガオを放っておいたわけではありません。すぐにネガオの存在に気が付き、日々水とエサを与え続け飼い主はもう帰ってこないことを彼に伝えていました。

そして、スタッフは里親さんを探しネガオを託したのですが、すぐに脱走してしまい病院の敷地に戻ってしまったのだそうです。しかも、2度も!

もうこれ以上、ネガオを里親さんに引き取ってもらっても、再び元の飼い主を求めて脱走してしまうだろうと考えたスタッフたちは、地元の動物保護団体に相談します。

相談の結果、ネガオには里親を探すことは止め、ネガオが病院の敷地内にいる限りは病院のスタッフたちで面倒みることを決めました。

ネガオがいつまでも健康でいてくれるよう、定期的な健康診断と敷地内の散歩をすることに。

一匹の犬が教えてくれた純粋な愛

引用の出典元:www.facebook.com

その後、ネガオはこの病院の公認犬となり、病院スタッフや訪れる人々から愛されています。

ネガオは自分にとって最愛の人を失いました。その人は確かに社会的名誉も立場もお金もない人間ですが、彼は犬を愛する美しい心を持っている人間でした。

ネガオは、人間社会が生み出した価値など何の役にもたたないことを知っていました。ネガオにとって一番大切なのは、飼い主さんと自分との信頼関係なのです。

飼い主さんがネガオを存分に愛していたからこそ、ネガオはどれだけの時間がかかろうとも、飼い主さんは必ず自分の前に姿を現すと信じて疑わなかったのです。

ネガオがひたすらに飼い主を想う純粋な愛に心を打たれます。私たち人間に純粋な愛を教えてくれたネガオに感謝します。

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo