愛情深いシーズーは小型犬ながら落ち着いた性格

引用の出典元:www.flickr.com

シーズーの外見をあらわす言葉として『頭部はライオン、骨格はクマ、足はラクダ、動き方は金魚』というものがあります。さらに『尾は羽箒、耳はヤシの葉、歯は米粒、下は真珠のような花弁』に似るとされています。

平均的な体重は5~7kg、体高は20~28cm。

小柄で脚は太く短め、キュッと詰まったようなコンパクトな体つきですが、見た目以上にがっしり、ずっしりしており骨太で肉付きのいいタイプです。

被毛は上毛と下毛のダブルコートになっており、下毛は非常に柔らかな毛が密集し高い保温効果を持っています。上毛は長く豊かな毛が生えてボディを覆い隠しており、その色は多種多様。パーティカラーの場合、顔のブレーズ(両目の間から鼻先までの白い線)や尾の先端が白いものがよいとされています。

顔面にも放射状に長毛が生え、その様子が菊の花に例えられることもあります。

シーズーの生まれた歴史


シーズーの原産国は中国。

その歴史のはじまりは17世紀までさかのぼるもので、チベット地方のラソアプソと中国のペキニーズの混血だと考えられています。当時は非常に神聖な存在とされ、中国で神聖なものとされる空想の動物「獅子」から名をつけられているため中国では「獅子狗」とも呼ばれます。

深い親交のあったチベットが中国の皇帝に「魔除け」のためにラソアプソを献上することがあり、その当時宮廷で飼われていたペキニーズとの間で、シーズーの祖先が生まれたとされています。

そんなシーズーは、特に1800年代から1900年代初頭の西太后時代に宮廷などで貴族を中心に寵愛されるようになりました。

しかし1911年に革命が起きた時宮廷内にいたほとんどのシーズーが殺されてしまうという悲劇が起こります。さらに1950年代に起きた共産主義革命時には「犬を飼うことは退廃の象徴」とされ、一般家庭にも広まっていたシーズーをはじめとする多くの犬が虐殺されてしまいました。

こうした悲劇によりシーズーの歴史は一旦後退しますが、それ以前にわずかにヨーロッパに渡っていたシーズーの繁殖が行われ、徐々に世界中に広まっていきます。

1960年代に入ると、アメリカでシーズーの人気が高まりAKCにも認定登録されました。それ以後は、各地で人気が高まり現在まで人気の愛玩犬としての地位を誇っています。

シーズーの性格:どっしりタイプで飼いやすさトップクラス

引用の出典元:www.flickr.com

シーズーは家族に対する愛情が深く、飼い主に対して強く信頼を寄せるタイプの犬種です。

しかし、慎重な性格を持っていることから飼い主に対する信頼をおくまでに少し時間がかかる場合もあります。 心を開いたシーズーは、とても甘えん坊な顔を見せてくれる愛くるしい存在です。

家族に対して陽気な表情を見せたり、膝の上でゆったりと休んだり、動と静を兼ね備えた性格とも言えます。



室内での遊びなどは好むものの、他の犬種と比較すると活動性がやや低く頑固な性格という特徴があるので、しつけなどはやる気を引き出すことがむずかしい場合も。気長にじっくり取り組むことが大切です。

シーズーの寿命はどれ位?


シーズーの一般的な寿命は11~15歳前後。

しかし個体差も大きく、長寿になる犬が多いのもシーズーの特徴。20歳位まで生きる犬もそう稀ではありません。

シーズーの気をつけるべき病気

引用の出典元:www.flickr.com

皮膚がべたつきやすいため油漏症や外耳炎にかかりやすく、毛が柔らかくてもつれやすいのでこまめなブラッシングやケアが欠かせません。

小さなうちからブラッシングに慣らせるために、トリミングに出すだけでなく家庭でもしっかりと練習しておきましょう。



シーズーは目が大きいという特徴から眼瞼内反症や進行性網膜萎縮症、乾性角結膜炎など目の病気にかかりやすい犬種です。目やにや涙の出方に変化を感じた時は、定期的な健康診断とともに眼科検査を受けるようにしましょう。

また、チベットの寒さを超えられるよう密集した毛が生えており、さらに短吻系の犬種なので暑さに弱い傾向にあります。

そのため、夏場の熱中症や脱水症には特に注意が必要。室内の温度調整にはしっかりと気を配ってあげましょう。

シーズーの飼い方と向いている家庭


小柄でおっとりとした家庭犬ですが、適度な運動は欠かせません。激しい運動は必要ありませんが、毎日の軽い散歩や室内での遊びなどを取り入れるようにしましょう。

シーズーは子供に対してもとても優しく穏やかに接することができるので、さまざまな年齢層、家族構成の家庭に向いている犬種です。

コロコロした体つきがカワイイ♡シーズーの魅力が詰まった動画

引用の出典元:www.youtube.com

いかがですか?

この動画のシーズーは、コロコロとした体つきがカワイイですね♪( ´▽`) 
お人形のようにフワフワとしたやわらかな毛質も素敵です♡

シーズーを購入する時の一般的な値段の相場


シーズーをペットショップやブリーダーの元から購入する際の値段の相場は8~20万円前後と言われています。

性別や毛色、先天性疾患の有無などによって大きく値段は変わるので、その値段なりの理由をできるだけ確認するようにしましょう。

シーズーに限らず「安いと悪い犬」「高いといい犬」というわけではありませんが、値段設定についてはぐらかすような受け答えをされた場合は、あまり信頼できない販売元である可能性も。

飼育を始めてからも相談できるような、信用できるブリーダーなどを時間をかけてでも探すことをおすすめします。


シーズーの魅力と特徴まとめ


シーズーは歴史の上でも多くの人から愛でられ、可愛いがられてきた存在です。

王室や宮廷で暮らしてきたこともあるのか、やや頑固でプライドが高い気高さも持ち合わせていますが、基本的には人間に対し敵対心を持ちにくく攻撃性を見せることもあまりありません。

気品があり穏やかで人懐っこい性格のシーズーは、"我が家の天使"になること間違いなしですよ♡

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo

この記事についたタグ

この記事を書いたライター

Tsunayoshi MEG
読者の皆様により良い情報をお届けします!

話題のキーワード

今話題のしつけ関連ワード