グレート・ピレニーズの外見と特徴:山の過酷な環境に耐えられる豊かな被毛

引用の出典元:www.animalplanet.com

俊足のスプリンター犬には、短毛が多いのが特徴。しかし、寒さに耐えられる犬には、体を保温する豊富な被毛があるのが特徴です。

グレート・ピレニーズもその一種。

グレート・ピレニーズの白くてボリュームのある被毛は二重構造になっています。寒さから身を守るために被毛が防寒着となり、雨や雪などをはじく、撥水性にも長けている機能的な被毛なのです。

そんなグレート・ピレニーズは、体高よりも体長が長い胴長気味の体型。骨格はがっちりとしていて、山の急斜面でも問題なく歩ける脚力が自慢です。ゆったりと歩くのが特徴で、穏やかな雰囲気を醸し出しています。

グレート・ピレニーズが歩んできた歴史


原産国はフランスですが、グレート・ピレニーズの祖先犬はチベットのチベタン・マスティフだといわれています。

アーリア人やフェキニア人らによって、ヨーロッパに渡ったグレート・ピレニーズは、スペインのピレネー山脈などで暮らすようになります。

当時のグレート・ピレニーズの仕事は羊や家畜を守る番犬。家畜を狙うありとあらゆる敵から、羊などを守ってきたのです。その敵は害獣だけではありません。盗賊とも戦っていたようです。当時の様子が描かれた壁画には、のど元をやられないように鎖がついた首輪をつけるグレート・ピレニーズの姿が。グレート・ピレニーズの歴史はとても古いのです。

やがてグレート・ピレニーズは、フランスで確固たる地位を築くことになります。

中世では、グレート・ピレニーズを番犬として飼うことが領主のステータスにまでなっていた、という説もあります。さらに17世紀後半になると、ルイ16世の宮廷のお抱え番犬に。1675年にはついに「フランス王室犬」にまで、地位を上げます。

しかし、グレート・ピレニーズの栄光の時代はそう長く続きませんでした。

20世紀に入るとフランス王室にグレート・ピレニーズはほとんど存在しなくなってしまいます。

バスク地方の作業犬として細々と暮らすグレート・ピレニーズ。フランスやイギリスでの関心は薄れ、良い血統のグレート・ピレニーズはほとんど見られなくなってしまったのです。

しかし、グレート・ピレニーズは絶滅すべき犬種ではありませんでした。

一部の山岳地帯で、良質な血統のグレート・ピレニーズが生き延びていたのです。愛好家たちはこの血統を保持しようと繁殖を開始。現在のグレート・ピレニーズの基礎がこのときに築き上げられたのです。

グレート・ピレニーズの性格:飼い主も素質を問われる、厳しい犬

引用の出典元:www.majestapyrenees.com

グレート・ピレニーズの性格ですが、家族など信頼を置ける存在に対しての忠誠心はとても固いのですが、見知らぬ人対しては強い警戒心をむき出しにします。

普段はおとなしく従順な性格のグレート・ピレニーズですが、きちんとご飯をくれなかったり、しつけが出来なかったり、信頼できないと判断する飼い主には厳しい態度を取ります。威圧的な態度をとり、優位な立場に立とうとし、問題行動を引き起こす原因になってしまいます。

また、好奇心も旺盛ですが独立心も強く、飼い主としてグレート・ピレニーズに負けない威厳がないと、グレート・ピレニーズに見透かされてしまうようです。性格には一癖ありそうな犬種ですね。

グレート・ピレニーズで気をつけたい病気


グレート・ピレニーズの寿命は、10~12歳と、大型犬では平均的です。かかりやすい病気はもちろんありますが、あまり怖がる必要はありません。

かかやすい病気としては、股関節形成不全や膝蓋骨脱臼。関節系の病気が多いのが特徴です。

グレート・ピレニーズの足は丈夫な方ですが、体が大きいのでその重さを支えるために負担もかかっていることは事実。定期的に検診を受けて、異常がないか確認しておくと安心です。

グレート・ピレニーズの飼い方や向いている家庭

引用の出典元:www.dogster.com

ちょっと太りやすい体質のグレート・ピレニーズ。

肥満予防のために運動は欠かせません。ボーダーコリーのように動き回らないとストレスが溜まってしまう訳ではないので、毎日の散歩程度でOK。ただ、30分以上歩くなど、それなりの運動量になるよう工夫も必要です。

また、豊富な被毛のおかげで、夏の暑さに弱く熱中症には注意が必要。

さらに、その被毛のお手入れも定期的に行うことが大事です。

週1~2回はブラッシングして、死毛を取り除き、毛玉ケアするようにしましょう。

大きなぬいぐるみのようにかわいいグレート・ピレニーズにぞっこん!

引用の出典元:www.youtube.com

大きな体をのっしのっしと揺らしながら歩くグレート・ピレニーズ。

人なつっこい表情と相まって、まるで大きなぬいぐるみのようです。

そんな可愛い大型犬グレート・ピレニーズの甘えた表情が溜まらない動画ですね♪

グレート・ピレニーズの魅力と特徴まとめ


厳しい山の環境に耐えてきたグレート・ピレニーズ。しかし、そのたくましい忍耐力が有る一方で、人なつっこい表情をする一面も持ち合わせています。飼い主がきちんとしつけができれば、かけがえのない家庭犬になるはずです。

独立心が旺盛とはいえ、飼い主が大好きなグレート・ピレニーズ。きっとあなたの生活にも潤いをもたらしてくれることでしょう。

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo

この記事を書いたライター

Tsunayoshi サッチモ・ルイザ
読者の皆様により良い情報をお届けします!

話題のキーワード

今話題のしつけ関連ワード