「まるでガイコツ」極限まで痩せ細っていた2匹

アメリカのシカゴ市警によって、2匹のワンコたちが保護されました。茶色のワンコの名前はエミーで、白色のワンコの名前はオスカーです。

彼らは飼い主によって飼育放棄されてしまい、飢えによって極限までに痩せ細っていました、保護された時、大型犬であるエミーの体重はわずか10.8kgしかありませんでした。

発見当初、2匹は「まるでガイコツが歩いているよう…」と言われるほど、体の骨がクッキリと見てわかるレベルで痩せ細っていたのです。

保護されたあと、2匹はすぐさま獣医師による診察が行われました。ただ、飢えによる症状が思ったよりも深刻で、特別な療養食が必要となりました。

facebook.com

facebook.com


食事療法を受けながら、幸いにも2匹は少しずつ健康な体を取り戻していきます。また、保護施設のスタッフからも愛情をたっぷりと受け、日に日に元気な姿になっていきました。

そしてなんと・・エミーに新しい家族はできました!


facebook.com


オスカーに先駆けて、一足先に幸せを手にいれたエミー。新しい家族が決まって安堵したのか、表情の柔らかく幸せそうな笑顔が印象的です。

オスカーも里親を見つけるために、より一層訓練に励みました。


facebook.com


そして・・・


facebook.com


なんと、オスカーにも新しい家族が見つかりました!!

優しい家族に包まれて、幸せそうな表情のオスカー。無事に里親が見つかってよかったですね。

どんな理由であれ、飼育放棄は立派な動物虐待です。犬を飼うのであれば、生涯飼育する覚悟とを持つことは飼い主の責任であり、動物の命を預かる人間としての義務です。

発見当初、2匹は大勢の人間に怯えていたそうです。もしかしたら、何か怖い経験でもしていたのかもしれません・・・。

それでも2匹は、飢えにも耐えながら互いに支えあって生きながらえていました。そして、今度は心優しい人間たちのおかけで元気を取り戻し、そして新しい家族にも出会うことができました。

今度は間違いなく、2匹とも幸せな日々が送れるはずです。

2匹が里親の元に旅立てるように献身的な治療をしてくれた獣医師。そして訓練に励んでくれた保護施設のスタッフ。多くの人々の支えのおかげで、2つの尊い命が救われたお話でした。

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo

この記事を書いたライター

Tsunayoshi オオバやん
読者の皆様により良い情報をお届けします!

話題のキーワード

今話題のしつけ関連ワード