配達員を心待ちにするラブラドールレトリバー

引用の出典元:www.youtube.com

コロラド州デンバーの郵便公社USPSの配達員ジェフ・クレイマーさんは、雨の日も雪の日も地域の人々に大切な郵便物を届け続けています。

そんなジェフさんととびきり仲良くなった友人が、真っ黒のラブラドールレトリバー"タシ"でした。タシは、彼が配達に来てくれると、玄関ポーチの階段を勢いよく降りてきてご挨拶してくれるのです。

愛嬌の良いタシがジェフさんに走り寄って尻尾を振ってくれれば、仕事の大変さも吹き飛んでしまいます。

2人はまるで友人のように互いを大切に思っていました。

いつしか老犬になっていく友人

引用の出典元:www.boredpanda.com

そんな日々が続きますが、いつしかタシは年をとって足腰が弱まっていきます。それもそのはず、タシは14歳になっていたのです。

ある日、ジェフさんはタシがいつものように玄関ポーチから出てきてくれないことに気が付きました。家族から、数か月前からタシは自力で玄関ポーチの階段を降りられなくなった事実を知ります。

外に連れ出すときは、家族は32キロもあるタシを抱きかかえて階段を降りるのが日課でした。

そんな状況を聞いたジェフさんは、あるものを手作りしてあげることを思いつきます。

手作りのスロープをプレゼント


ジェフさんは休日に購入した木材や板を抱えて、タシの家を訪れます。そして、足腰が弱ったタシが自力で降りられるように、とスロープを作り上げました。

タシの飼い主のカレンさんも娘のエマさんも、彼の心のこもったプレゼントに大喜びです。なによりも喜んだのはタシでした。これで大好きなジェフさんの配達をお出迎えできます。

ゆっくりと足元を確認しながらスロープを昇りきったときの、タシの尻尾を見てください。やり遂げた感でフリフリしていますね!

スロープを昇りきった後にご褒美をもらっているのはご愛敬ということで♪

動物好きな郵便配達員のシンプルな願い

引用の出典元:www.youtube.com

ジェフさんは、配達の度に出迎えてくれるタシが少しでも楽に外に出られるよう、ただそれだけのシンプルな願いを形にしました。

家族たちも心優しい彼の行動に、感動と感謝の気持ちが止まりません。

タシにプレゼントをした当のジェフさんは、「ただの犬好きなだけさ!誰しもが動物の幸せを望んでいるでしょ!?アハハ」と、素敵な笑顔でインタビューを受けていました。

押しつけの善意でもなく、さりげないところがカッコイイですね。

タシは、ジェフさんからプレゼントされたスロープをゆっくりと降りてきて、これまで通りにジェフさんに挨拶をしているそうですよ!

みんなの願いはただ1つ。タシが1日でも元気で長生きしてくれること♪

本当に素敵なジェフさんのプレゼントに、私たちの心もほっこりと温かくなりますね!

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo