犬にベッドで糞や尿をさせない為に

幼犬であっても成犬であっても、ペットシーツに糞や尿ができずに、犬のベッドで粗相をしてしまう場合、まずは排泄のしつけを1からやり直す事を考えましょう。



お部屋で放し飼いにしている場合は、どこでも自分のハウスなので、排泄場所も自分で決めています。飼い主からすれば「ベッドなのに、なんで糞や尿をするワケ?」と思っていても、犬にとってベッドは既に排泄場所になってしまっているのです。

まずは今お使いの犬のベッドは糞や尿の臭いが付いていますので、もったいないと思うかもしれませんが、思い切って捨てましょう。ベッドが排泄場所だ、という犬の認識を一度断ち切るためです。

犬がベッドで排泄してしまったタイミングはいつでしたか?おそらく寝起きではなく、食事の後少し経ってからという事が多いのではないでしょうか。

食事の後に犬がクルクル回ったり、妙に床の臭いを嗅ぎ出したら、それがタイミングです!

犬にペットシーツが排泄場所と認識させる

まずサークルを用意して、犬のハウスを端っこに置き、残りのスペース全体にペットシーツを敷きつめておきます。

ハウスはあくまでもこれまでと同様の柔らかいベッドではダメです。犬がまた勘違いしてしまいますので、プラスティック製のハウスが最適です。

ハウスのすぐ横で食事を与えます。その後必ず排泄のタイミングがきますので、ペットシーツを指さして、「ワンツー」など排泄の単語を優しく言い続けます。

成功したら、「ワンツー上手にできたね~!!イイ子、イイ子。」と犬の毛流に沿って体を撫でるのも有益です。毛流に沿って撫でる事は「それでいいんだよ。」という飼い主からの指示・ボディーランゲージになるのです。

ハウスに近いほうから徐々にペットシーツを外していき、最後は反対角に残った1枚のシーツに犬は排泄できるようになります。

犬のベッドは飼い主の側に置く

犬のトイレトレーニングに成功したら、初めてベッドを新しく用意してあげましょう。ベッドの置き場所には注意が必要です。

飼い主から見えない場所にベッドを置かずに、飼い主が普段過ごしているすぐ近くにベッドを置いて下さい。犬はサークルはトイレと食事の場所で、ベッドは飼い主さんと一緒にくつろぐ場所だ、と認識してきます。

ベッドに犬がおとなしく寝ている時には、優しく毛流に沿って撫でて、犬自身にベッドは居心地がとても良い事を体感させ、同時に飼い主から「ベッドに寝る事はイイ事だよ」という指示も与える事ができます。

犬のベッドは糞や尿などで汚れやすいのですが、ベッドを洗うのも大変ですよね。ベッドの上に布のカバーや、大きめのTシャツをぐるっとかぶせておくと良いです。

ベッドカバーだけ外せば頻繁に洗濯ができますし、臭いも残りません。犬がベッドに糞や尿をする悪い癖が再発する事もなくなります。

これで安心!犬はベッドで糞や尿をしなくなる!

いかがでしたか?

犬がベッドで糞や尿をしなくなるような犬のしつけ方についてお伝えしました。

犬に固いハウスでなく柔らかいベッドを使わせたい、と思う気持ちが、逆に犬と飼い主をどん底に追い詰めていたのかもしれません。

もうこれで犬がベッドに糞や尿をする事はなくなり、飼い主さんもストレスから解放されて安心・快適に過ごせるようになりますよ。

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo