深い悲しみは母犬をうつ状態に

引用の出典元:www.lovemeow.com

ペンシルべニア州の動物保護施設『マミー&ミー・レスキュー』に"ドロシー"が引き取られたとき、お腹は大きく膨らんでいました。

飼い主は、犬が妊娠したことを理由に手放したのです。しかも、ドロシーは寄生虫による鞭虫症(べんちゅうしょう)と、マダニが媒介するライム病を患っていました。

ほどなくしてドロシーは7匹の赤ちゃんを早産しましたが、病気のせいですべて亡くなってしまったのです。

ドロシーは産後の容態回復のために2日間入院しなければならず、その間ずっとわが子を探して泣いていました。

キャロルさんによると、施設に帰ったあとも出産した場所に駆け寄ると子犬の姿を探し回り、いないことがわかると今度は施設中を泣きながら探し続けていたのだそうです。

ドロシーは、飼い主に捨てられたショックと愛するわが子を失った悲しみで、うつ状態に陥ってしまいます。

キャロルさんは、子犬の代わりに人形を置いてみたのですが、ドロシーの悲しみが晴れることはありませんでした。

母親を必要としていた子猫との出会い

引用の出典元:www.lovemeow.com

ちょうど時を同じくして、同じペンシルベニア州の動物保護団体『ワナビー・ペットレスキュー』には、母猫を失った2匹の子猫が保護されていました。

まだ生まれて数週間だった子猫には母猫が必要です。キャロルさんは同団体のレベッカさんに連絡を入れ、母犬のうつ病を克服するための子犬がいないか確認します。

レベッカさんは、ちょうど保護された子猫2匹がいることを伝え、「互いに必要としているものは同じだわ」と、ドロシーに預けてみることを思いつきました。

数時間後、ドロシーの元に子猫2匹が託されましたが、ドロシーはそれが何なのかわからず戸惑いを見せます。

しかし、母親としての本能が表に現れるまでに時間はかかりませんでした。ドロシーはすぐに子猫に授乳し始め、愛おしそうに抱きしめたのです。

子猫もまた母猫の代わりとなったドロシーのそばを離れず、彼らは互いを必要とする家族となりました。

悲しみから解放されて

引用の出典元:www.lovemeow.com

子猫たちの母親となったドロシーは、自分の排泄で離れる以外はずっと子猫に寄り添い、甲斐甲斐しく体を舐めてお世話を続けているそうです。

子猫たちも母親の温もりに包まれて、すくすくと成長しています。子猫に十分な栄養が行き渡るよう、キャロルさんと夫のアンソニーさんは数時間ごとにヤギミルクを子猫に与えているとのこと。

子育てが終われば、それぞれ親離れ子離れして、里親の元でセカンドライフを過ごすことになります。できることなら、ドロシーと子猫2匹が同じ里親の元で暮らせると嬉しいのですが。

一度は壊れかけてしまったドロシーの心でしたが、子猫の子育てによって悲しみから解放されて本当に良かったですね。

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo

この記事についたタグ