バカンスが一転、メキシコの海辺に野良犬たちが!

引用の出典元:www.gofundme.com

2015年、アメリカ在住のジェフ・ホールさんとダイアナさんはメキシコ旅行に出掛けました。旅行は誰しもが心がウキウキと弾むものです。

きっとこのご夫婦も、メキシコの美しい海辺でバカンスをどんなふうに過ごそうか、と楽しい会話で盛り上がっていたはずです。

メキシコに到着し目的のビーチでリラックス、となるはずだったのですが、なんとそこで夫婦が見たものは、野良犬や野良猫たちが寄り添うように生活している姿でした。

数えてみると、産まれたばかりの赤ちゃんを含む子犬が13匹、成犬が14匹、猫は7匹と、そこで暮らす野良犬と野良猫は全部で34匹もいたのです。

しかも、直射日光が強い海辺にもかかわらず、彼らには休息できる日除け場所もありません。波打ち際に置かれているボートだけが唯一日陰になる場所でした。

野良犬たちを見捨てるわけにはいかない!

引用の出典元:www.gofundme.com

おそらく地元の人たちは、ここに野良犬や野良猫が暮らしていることは知っていたことでしょう。現に、これだけの群れが生き延びるだけのエサは海岸にはありません。誰かが時々、水やエサを与えていたのかもしれません。

しかし、子犬も成犬もあばらが浮き上がり、確実に栄養失調状態です。どう見ても彼らがここで満足に暮らしているようには見えませんでした。

子犬たちと成犬をこのまま放置しておけば、死んでしまうかもしれませんし、さらに子犬が産まれて不幸な目に遭うことを考えれば、ご夫婦はこのまま見捨てて移動する気持ちにはなれませんでした。

そこで、地元の動物保護団体を探し連絡を入れてみることに。しかし、悲しいことに動物保護団体のシェルターにも多くの保護動物が収容されていて、34匹を保護できる余裕がない、という理由で断られてしまいました。

野良犬たちに里親を見つけたい

引用の出典元:www.gofundme.com

ホールご夫妻は旅行どころではありません。毎日、水とエサ、そして愛情をたっぷり与え続けます。そして、「何とかしてこの子たち全員に里親を見つけてあげたい!」そう決意したのです。

しかし、そこには大きな壁が立ちはだかります。

<引用>『法律上、全員を連れて私たちの家へ帰ることは簡単ではありませんでした。犬と猫のために、毎日お水や食べ物を与えていましたが、それ以上私たちにできることはなかったのです。自分たちの無力さにとても悩んでいました。』
<引用元>https://www.gofundme.com/baja34

クラウドファンディングの存在が命を救う

引用の出典元:www.gofundme.com

メキシコからアメリカに輸送する費用、1匹ずつのワクチン代、避妊去勢手術代など、かかる費用は膨大です。そこで、ホールご夫妻はクラウドファンディングを利用して、世界中の人々にこの現状を伝えました。

その結果、理解をしてくれる人々のおかげで、実に、6.5万ドル(約650万円)を超える寄付金が寄せられたのです。一人一人の寄付金が10ドル、20ドルと積み上げられていき、ここまで大きな金額が集まることは凄いことです。

ホール夫妻だけでは到底不可能な救出でしたが、クラウドファンディングが在ることで不可能が可能になり、34匹の命が救われたのです。

34匹の救世主となったご夫妻は、動物関係の仕事に従事していることもあり、フェイスブックでその後の様子をアップしています。他にも多くの犬を援助しているようです。

並大抵のことでは動物保護はできません。このご夫婦の行動力に深く感動します。

日本でもようやく定着してきたクラウドファンディング。愛犬家ならではの目線で、応援・寄付をしたくなるようなプロジェクトを探してみてくださいね。

\クリックするだけ!/無料でNPOを支援する方法

Tsunayoshiでは、誰でも簡単に動物保護団体を支援できる新しい取り組み始めました。みんなの「いいね!」で動物愛護の輪を広めませんか?目指せ、殺処分ゼロ!

興味のあるページに「いいね!」した後は記事をシェアして、多く人に動物愛護に関心を持ってもらいましょう!

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo