旅先で出会ってしまった34匹の野良犬と野良猫

引用の出典元:www.facebook.com

アメリカ在住のホール夫妻は、夏のバカンスを楽しむためにメキシコを訪れていました。

日々の喧噪から離れ、メキシコのビーチでゆったりとした時間を満喫するつもりだったホール夫妻でしたが、メキシコのビーチで驚愕の出来事と遭遇してしまいます。

メキシコのビーチで夫妻の目に飛び込んできたのは、衰弱しきった野良犬と野良猫たち。数を数えてみると、その数なんと34匹!

その中には、生後間もない子犬や子猫もいました。

野良犬と野良猫たちは、みなで協力しあって生き抜いていたのです。

まさに決断のとき!ホール夫妻のとった行動とは?

引用の出典元:www.facebook.com

34匹もの野良犬と野良猫に遭遇してしまったホール夫妻は、彼らを救出するために現地の保護団体へレスキューを依頼しました。

しかし、運悪くどこの施設も満員状態。とても34匹もの野良犬と野良猫の面倒をみれるような施設がありませんでした。

目の前には、行き場を失って途方にくれる野良犬と野良猫たち。助けたいという気持ちと裏腹に、助けることができない現状に心を痛めるホール夫妻でした。

実はホール夫妻、普段から動物関連の仕事をしているそうです。なおさら悔しい思いがこみ上げたことでしょうね。

しかし、しばらく悩んだ挙句、
夫のジェフさんが思いがけない決断をします。

なんと、彼らをアメリカに連れて帰ると言いだしたのです!
しかも、34匹全ての野良犬と野良猫をです。

動物が大好きなホール夫妻にとって、命に優劣をつけることはできませんでした。34匹全ての子をアメリカに連れて帰り、そして里親を探すことにしたのです。

34匹の渡航費は?数々の問題を乗り越えるために

引用の出典元:www.facebook.com

34匹もの野良犬と野良猫を連れて帰るとはいえ、気持ちだけでは決して救うことはできません。

全ての子を救うためには、1匹ずつワクチンを接種する必要がありますし、避妊去勢手術も施さなければなりません。そして、アメリカまでの渡航費も膨大なものです。

いくら目の前の命を助けたいと願っても、34匹分の治療費や渡航費を賄うことは夫妻には到底不可能なことでした。

そこでホール夫妻は、ことの経緯を説明し、クラウドファンディングで資金提供を募ることにしました。そして、『34匹全てに“永遠の家”を見つけてあげること』を目標に掲げ、「Baja 34 Rescue Project」という救出プロジェクトを設立したのでした。

この行動に多くの人々が共感し、夫妻の元にはたくさんの資金提供者が現れました。それらの資金を使って、アメリカでは34匹の里親探しも始まっています。現在すでに、3匹の犬猫に新しい家族が見つかっています。

ホール夫妻と支援者の行動は賞賛に価する

引用の出典元:www.facebook.com

休暇のバカンスとしてビーチを訪れたホール夫妻でしたが、そこで出会ってしまった34匹の野良犬と野良猫の命を助けるために立ち上がりました。

そして、自らが行動することで多くの人々に共感してもらい、結果として救助に必要な資金を集めることに成功しました。

目の前の命を助けたい。

そんな想いから今回のようなプロジェクトを立ち上げたホール夫妻の行動は、とても素晴らしいものですね。

そして、その想いに賛同し資金提供を行った支援者たちもまた、賞賛すべき人々なのではないでしょうか。

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo

この記事を書いたライター

Tsunayoshi ぷるーと
読者の皆様により良い情報をお届けします!

話題のキーワード

今話題のしつけ関連ワード