犬に与える水について悩む飼い主たち

引用の出典元:www.flickr.com

犬の食事に気を配る飼い主が増える中で、犬に水道水をあげることに抵抗を感じる人が出てきました。

すると、水道水には塩素などが含まれていることからあまりよくないとされ、ミネラルウォーターなどを与える人も増えてきました。

しばらくすると今度は「犬にミネラルウォーターを与えると危険だ」という情報が出てきました。

飼い主たちは情報に振り回されながら、結局どちらがいいのかよくわからないという状況に陥ってしまった実情があるのです。

「ミネラルウォーターはダメ」の根拠とは?

引用の出典元:www.flickr.com

ミネラルウォーターを与えるとよくないとされている理由の主なものがミネラル過多になり、結石が作られてしまいやすいというものでした。

しかし実はこの事実について、医学的な根拠やデータは特に示されていないそうです。

ですが確かに、一部の硬水などはミネラル分が非常に豊富なため、結石の原因になりうる可能性はあります。とはいえ、硬水の産地の犬たちがみな結石が出来てしまっているかというとそんなことはないのです。
(ちなみに、日本でも沖縄県は硬水に近い硬度だとされています。)

こう見ると、非常にあいまいかつ予測的な根拠であることがわかります。

水道水とミネラルウォーターはどちらが安心?

引用の出典元:www.flickr.com

ミネラルウォーターがダメという絶対的な根拠はありませんが、硬水にミネラル分が多いことは事実です。

そのため結石ができやすい体質の犬などは避けるようにした方がいいでしょう。

また、硬水は日本で売られているミネラルウォーターの中でもそれほど種類が多くない上に値段も高いことなどから、あえて犬に飲ませるために硬水を選んで購入する必要はないと思います。

日本の水道水は、ミネラルウォーターよりも水質管理の基準が高いと言われています。長年水道水を飲み続けている犬は非常に多いと思いますが、含まれている塩素や鉛による健康被害はほとんど考えられていません。

犬についての情報はしっかり「裏取り」をしよう

引用の出典元:www.flickr.com

水に関しては、多くの獣医師などが水道水でもミネラルウォーターでもどちらでも構わないと考えているようです。

ただしミネラルウォーターであれば、なるべく硬水ではないものがおすすめ。

水道水についてはその安全性などについては、考え方の個人差が大きく、人でも飲料水とする人としない人にわかれると思いますが、必ずしもどちらがいいという結論は出しにくいものです。

「犬に与えてはいけないもの」に関しては、時々デマとも言えるような情報も出回ります。ミネラルウォーターについては、一部分の情報だけが切り取られてしまい断片的に広まってしまったことが混乱の原因だと思います。

ありとあらゆる情報があふれる現代では、犬に関する情報も全てを鵜呑みにせず、その根拠や理由を確認すること、そして自分自身でしっかりと考えることを私たち飼い主はしなくてはいけないのかもしれませんね。

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo

この記事を書いたライター

Tsunayoshi MEG
読者の皆様により良い情報をお届けします!

話題のキーワード

今話題のしつけ関連ワード