そんなに儲かるならやってみたい?!ドッグウォーカーの収入事情

引用の出典元:www.flickr.com

イギリスの大手保険会社であるダイレクト・ラインの調査によると、1日あたりに13匹の犬を面倒みる一般的なドッグウォーカーは、イギリス全体の平均年収22000ポンド(418万円)を大きく上回る26000ポンド(494万円)の収入を得ているそうです。

ロンドン市内では1頭1時間あたり14ポンド(2660円)ですが、これに日中ずっと世話をするデイケアや、飼い主の旅行中など数日に渡って面倒をみれば年収64000ポンド(1216万円)も可能だそうです。

実情よしては、ドッグウォーカーで飼い主の信頼を得て、他にもペットシッターなどの業務も兼業する人が多いということですね。

とはいえ、時給6ポンド(1200円)にも満たない生活をしている人には現実的ではない金額。

顧客の多くはシティで働く銀行員などの裕福なシングルやカップルの飼い主たちで、彼らは愛犬を「ベビー」と呼び家族のように大切にしているため、仕事で長時間家を空けているあいだ朝昼晩と1日3回シッターに来てもらうのも当たり前なのです。

悪質なドッグウォーカーに注意!

引用の出典元:www.flickr.com

しかし、ドッグウォーカーの中には悪質な業者も存在します。

私の友人は仕事で日中家を空けることになり、1日1時間の約束でペットシッターを雇っていました。しかし、本当にちゃんと来ているのか不審に思っていました。

そしてある日、体調を崩した彼女が家で寝ているといつまで待ってもペットシッターがやってこない。

やっぱり!と思った彼女が次の日シッターに苦情をいうと逆に罵声を浴びせられたそうです。

なかには労働時間を減らそうと1度に9匹もの犬をまとめて散歩させるシッターもいるらしく、ちゃんとフンの後始末をしているのか気になるところです。

ドッグウォーカーは意外に支出も多い?!

引用の出典元:www.flickr.com

犬のお散歩だけでなく、シッティング業務なども幅広く兼業する職業なので、万が一にも事故が起こった場合に備えて、専用の保険に加入することは必須です。

また、犬の健康やしつけなど、様々なコースに通って知識を身につけるのも仕事に役立ちますが、この勉強代も決して安くはありません。

通常、顧客の自宅まで犬を迎えに行かなければならないのでガソリン代もかかるし、顧客の家の鍵を紛失すれば弁償代も発生しちゃいます。

ロンドン市内であれば公園まで車を出さなければならないこともあり、駐車違反の切符を切られたり、犬をリードから放して散歩させてはいけない区域と知らずに罰金を徴収されたりと、意外と経費がかさむようです。

犬を預けるマッチングコミュニテイ「Borrow My Doggy」

引用の出典元:www.borrowmydoggy.com

ドッグウォーカーやペットシッターだけでなく、今では様々なwebサービスが誕生しています。

例えば

Borrow My Doggyは、愛犬の面倒を見てもらいたい飼い主と短期間だけ犬と暮らす日常を味わってみたい人たちをマッチングするwebサービスです。

年会費は、犬の飼い主が44.99ポンド(8550円)、犬を預かる人は9.99ポンド(1900円)とお手ごろな価格です。

どちら側も金銭を要求することは規約により禁止されているので預けるのも預かるのも一切お金がかかりません。

私も一応、会員登録だけはしてみましたが、やはり見ず知らずの人に愛犬たちを預けるのには少し抵抗があります。

ペットシッターに対しても言えることですが、言葉を話せない犬だからこそ、きちんとしたケアや面倒をみてもらっているのか、何かひどいことはされていないかが心配です。

例えば、登録されている人のレビューを見たりして、その人がどういった人なのか、今までクレームなどは無いか必ず確認するようにしたいですね。

Borrow My Doggyはイギリスのwebサービスなので、もしこちらにお住まいの方で興味のある人がいればご参考までに。

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo

この記事を書いたライター

Tsunayoshi 森野万弥
読者の皆様により良い情報をお届けします!

話題のキーワード

今話題のしつけ関連ワード