多頭飼いや留守番の多い犬に便利な水飲み器

引用の出典元:www.flickr.com

水飲み器は、ペットボトルを装着するタイプの物や専用ボトルがついている物、受け皿がついている物から自動のフィルター機能によって流水が出るものまであります。

多頭飼いの場合、水は多めに準備しておくことが基本です。また、衛生面にも気をつけなくてはいけないので、水飲み器を準備しておくと便利です。

また、1頭飼いであっても愛犬をお留守番させる方や一人暮らしで犬を飼っている方にとっては、たっぷりのお水を準備できる為、水飲み器を使うととても便利です。

ノズルタイプの水飲み器の、メリット&デメリット

引用の出典元:www.flickr.com

愛犬がお水をガブガブ飲むと、気づくと毛やほこりが浮いてしまっていたり、水が床にこぼれているという経験もあるでしょう。

スタンドタイプやボトルタイプの給水器は、こういったことを防ぐことができる為、長時間のお留守番の際にも活用することができます。

一方でこういったタイプは、犬の水の飲み方に対して適していないとも言われています。舌の裏側を使ってお水を飲む犬にとっては、無理な姿勢でノズルから飲むこと自体を嫌がってしまう場合もあります。

ボトルタイプの水飲み器を使う時は、高さや位置に注意!

引用の出典元:: SOURCE

ボトルタイプの給水器を使う場合は、設置する高さに注意しましょう。ボトルが高い位置にあると、首を伸ばした状態で水を飲んだ際に気管に入ってむせてしまう犬もいます。

また、ノズル自体が太いと水圧が強く、水が出すぎてむせてしまうこともあります。ボトル自体を細いものに交換したり、ペットボトルタイプであれば、小さいものにしてあげましょう。

万が一に備えて、受け皿がついた物を併用しておくこともひとつの方法です。

日頃から上手に使い分けよう!

引用の出典元:www.flickr.com

ボトルタイプの給水器には、床置きタイプでお水を飲むと受け皿に水が補充されるものもあります。ノズルタイプは、クレートの中で夜眠る時だけに使うなど、普段から使い分けるとよいかもしれません。

普段、飼い主さんが在宅している時とお留守番時で使い分けてみたり、愛犬のお水の飲み方や飲む量にも注意してみるなど、最適なものを上手に使い分けてみるとよいですね。

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo

この記事を書いたライター

Tsunayoshi ayuka
読者の皆様により良い情報をお届けします!

話題のキーワード

今話題のしつけ関連ワード