犬の耳の特徴

引用の出典元:shutterstock.com

犬の耳掃除を考える前に、まずは犬の耳の特徴を考えてみましょう。というのも、犬の耳は人間の耳とは構造が異なるからです。

犬の耳は、大きく外耳、中耳、内耳に分かれています。

これは人間と同じなのですが、外耳から中耳につながる外耳道が、L字型に折れ曲がっています。

そのために、シャンプーなどで耳に水がはいった場合、頭を大きく振ることで耳の中にある水は飛び散ってしまいますが、外耳道がL字型に曲がっているため内部の水平部分は大変乾燥しにくくしめった状態が続きやすいのです。

このしめった部分に耳垢がたまって外耳炎などになりやすくなるのです。また、このL字型の構造のため、耳の奥の掃除も大変やりにくいと言えます。

犬の耳掃除って必要?

引用の出典元:shutterstock.com

犬の耳掃除は、やはり必要といえるでしょう。

耳が垂れているゴールデンレトリバーやバッセットハウンド、もともと外耳道が狭くしわが多いと言われるパグやブルドッグも定期的なケアが必要です。

犬種の特徴として耳垢が多いと言われているダックスフンドやジャーマンシェパードも気にかけてあげましょう。

耳に毛が多いマルチーズやプードルなどは、耳に毛があるため、耳掃除の際にその毛をしっかりと取り除かなければ、耳が蒸れやすいので外耳炎にかかりやすいとも言われています。

これらの犬種にかかわらず、やはり、愛犬に外耳炎による耳のかゆみなどを経験させたくなければ、やはり、定期的に耳掃除を行うことが必要でしょう。

動物病院での耳掃除

引用の出典元:shutterstock.com

では、しっかりした耳掃除はどこでしてもらうことが一番なのでしょうか?

もちろん簡単な耳掃除は、自宅でもできます。また、ペットショップやペットサロンでも耳掃除はやってくれますよね。

しかし、先程説明したように犬の耳の構造は、人間とは異なっています。自宅での耳掃除では、耳の奥まで掃除できませんし、綿棒でゴシゴシするのはかえって柔らかい犬の耳の皮膚を傷つけてしまう恐れがあります。

また、ペットショップでもしっかりと耳の奥まで掃除ができるかどうかは疑問です。

ここまで考えてくると、やはり耳掃除もしっかりとキレイにしてくれるのは、その構造をしっかり把握している動物病院が最適ではないでしょうか?

それぞれの動物病院での料金は異なりますが、動物病院でも気軽に耳掃除をしてくれます。定期的に耳掃除をお願いしてみてはどうでしょうか?

大切な愛犬のために、耳掃除について考えよう!

引用の出典元:shutterstock.com

しかし、動物病院での耳掃除を毎回となると費用もかかりますね。

でも愛犬のためですが、飼い主としては大変です。そこで、自宅での耳掃除はできないのか?ということになります。

もちろん、自宅でも簡単な耳掃除はできます。犬の耳垢は、健康な犬であれば元々自然と外へ出るようになっています。

ですから、外耳炎などの耳の病気がなければ、簡単な耳掃除を自宅で行うことも可能です。また、愛犬とのコミュニケーションにもなりますからね。

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo