狆が辿ってきた歴史

引用の出典元:shutterstock.com

狆は古代中国に起源を持っていて、貴族たちからも愛された犬です。狆は外交政策や貿易のため各国の王室などに献上されていました。

狆が日本に来た経緯は不明ですが、同じく高貴な方々から寵愛を受けていたようです。

その後1853年に、ペリー提督がイギリスのエリザベス女王に日本の狆のつがいを贈呈したという記録が残っています。

それを機に、アメリカやヨーロッパにも狆の人気に火が付いたようですね。

19世紀後半には、ついにアメリカの団体に「ジャパニーズ・スパニエル」として狆は公式に認定されました。第一次大戦後から狆の輸出自体は途絶えているようですが、現在でも日本や欧米で安定した人気を誇っている犬種です。

狆の特性や飼育環境について

引用の出典元:shutterstock.com

飼いやすいことで有名な狆ですが、プライドが少し高めです。しかしながら、同時に落ち着きがあるのも狆の特性だと言われています。

狆は他の犬やペットなどにも友好的で、良い遊び相手になってくれる可能性が高い犬種です。

体高は20~28cm位です。意外に思われるかもしれませんが、運動神経が良く木に登る狆もいます。

狆は小型犬のため、あまり多くの運動は必要とせず(大型犬に比べればの話で、犬はすべて最低限の運動は必要です)、外で何時間もお散歩するよりも短時間の散歩や跳ね回るような遊びが狆には最適です。

そして狆は歩き方がとても美しいので、お散歩が楽しみになります。

狆の被毛はシングルコートですが、毛が抜けやすいのでブラッシングは出来れば毎日丁寧に行いましょう。

豊かで直毛、そして飾り毛もある狆は日々のお手入れが大切です。古くから日本にいる犬種ですが、狆は高温多湿が苦手なので室内飼いが基本です。

狆の健康管理について

引用の出典元:shutterstock.com

どの犬種でも、遺伝的に発症しやすい病気というものがあります。

狆にも遺伝的に発症しやすい病気があって、狆の特徴の一つである大きな目は注意が必要です。狆の大きな目は眼病になりやすいのです。

そして、狆は心臓病などを発症する可能性が高い傾向が見られますが、特に気を付けたい病気は膝蓋骨脱臼や結膜炎、てんかん発作などです。動物病院で膝関節や眼病検査を受診すると、疾病予防に繋がります。

狆のチャームポイントである目の回りは、こまめに優しく拭いてあげましょう。清潔を保持することが狆の健康に繋がります。狆は白内障にも注意が必要です。熱中症も発症しやすいので、狆と暮らす場合には、夏場は風通しを良くして温度管理に気を付けましょう。

狆は人によく懐きます!

引用の出典元:shutterstock.com

狆はぺちゃんこの顔、愛くるしい大きな目、被毛が美しいなどの特徴があるので、古代の人々が狆を愛してきたのにも納得できます。

狆は体臭や無駄吠えが少なく、とても飼いやすい犬種です。

狆の寿命は平均で12~14歳くらいで、年齢を重ねても知的で愛くるしい性格は変わりません。

狆は留守番もきちんとできる犬種なので、忙しい飼い主さんも安心です。お留守番をさせる場合は、一緒にいる時間は思いっきり一緒に遊んであげてくださいね。

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo

この記事についたタグ

この記事を書いたライター

Tsunayoshi 原田真衣
読者の皆様により良い情報をお届けします!

話題のキーワード

今話題のしつけ関連ワード