寝室の飼い主を見つめて眠らない犬

引用の出典元:www.youtube.com

シェルターで暮らしていたゴールデンレトリバーに、新しい飼い主ができました。

飼い主の男性が自宅に連れ帰ると、ゴールデンレトリバーはとても懐っこくて遊び好きなことがわかります。

ところがその日の夜、犬が奇妙な行動をしていることに気が付きました。

ベッドルームで眠る飼い主家族をフェンス越しにじっと見続け、まるっきり眠ろうとしないのです。

当初は、「まだこの家に慣れていないからだろう」と思っていた飼い主でしたが、数日経っても奇妙な行動は続きました。

飼い主は、エネルギーをたくさん消費させれば夜眠るのではないかと考え、日中にたくさん遊ぶ計画を立てます。

飼い主もヘトヘトになるほど遊んだのですが、やはり愛犬は眠らずに飼い主を見つめ続けるのでした。

奇妙な行動の原因が悲し過ぎた

引用の出典元:www.youtube.com

さすがに心配になった飼い主は、健康上に何か問題を抱えているのではないかと思い動物病院に連れて行きました。

しかし、獣医の診断によって愛犬は健康そのものであることが判明します。

「いったいこの犬の過去にはどんなことがあったのか」と心配した飼い主は、引き取ったシェルターに出向いて相談することに。

そこで判明したのは、ゴールデンレトリバーを持ち込んだ飼い主カップルの身勝手さでした。

「妻が妊娠したことをきっかけに犬を世話する余裕がなくなった」という理由でシェルターに持ち込んだのだそうです。

しかも、夜間ゴールデンレトリバーが眠っている間にシェルターに持ち込んでいました。

自分が眠っている間に捨てられたことに傷ついた犬は、トラウマ(心の傷)を抱えてしまったのです。

「夜眠っている間にまた捨てられるかもしれない」愛犬がそんな悲しい気持ちを抱えていたことを知った飼い主は、思わず泣いてしまいました。

ようやく安心して眠ってくれた愛犬

引用の出典元:www.youtube.com

自宅に到着すると飼い主はすぐに寝室のフェンスを外し、犬のベッドを寝室内に置きました。飼い主と一緒なら夜が来ても怖くありません。

この夜以降、ゴールデンレトリバーは安心して飼い主と同じ寝室で眠ることができるようになったそうです。

飼い主がSNSにこの出来事を投稿すると一気に拡散し、「シェルターのケージの中で目が覚めたときの犬の感情を想像できますか?」と、捨てたカップルに非難の声が殺到しました。

新しい飼い主からたくさん愛情を注いでもらい信頼関係を築くことで、犬の心に根差していたトラウマも徐々に癒えていくことでしょう。

保護犬を家族に迎えるときは、大きな愛で犬の過去を受け入れてあげたいですね。

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo

この記事についたタグ