犬が水を飲まないのはなぜ?

引用の出典元:shutterstock.com

犬が水を飲まないのは、内臓の病気、骨などの異常による痛み、高齢、といった犬の体調による場合や、気温が低くて喉が乾かない、水が美味しくないから飲まない、といった環境による場合など理由は様々です。

他にも皮膚病や目ヤニ、涙やけがひどい、耳の汚れがひどく臭い、という症状があれば、犬が水を飲まないことにより代謝が落ちて老廃物の排泄がうまくいっていないことが考えられます。

普段の餌がドッグフードではなく手作りご飯の場合は、食品に水分が含まれているので、犬がさほど水を飲まないこともあります。

犬に必要な水の量を上手に調整する

引用の出典元:shutterstock.com

犬は一日にどのくらいの水を摂ればよいのでしょうか?生活環境や運動量によって多少変わりますが、目安として体重が2kgで約200ml、5kgで約400ml、10kgで約700ml必要だと言われています。

なお、この必要量は純水な水だけではなく、食事の際に摂る水分とのトータルの量です。まずは、飲むための水や食事に使う水を500mlのペットボトルに入れて、一日の水分量を測ってみると良いでしょう。

犬も体調によっては、水を飲まない日もあります。体調不良や腎臓結石を患っている犬も水をあまり飲まない傾向にあります。そんな時は、犬の一日の水分量を調整するために食事の時間を有効利用しましょう。

野菜や鶏肉を煮込んだスープをドライフードにかけてあげると、簡単に水の量を増やせます。スープの美味しそうなにおいで、いつものご飯でも、犬は大喜びするはずです。これで水を飲まない犬でも水分として水を摂取できますね。

水のかわりにヤギミルクがおすすめ

引用の出典元:shutterstock.com

それでも犬が水を飲まないで困った時には、犬にとって良質でお腹にも優しい「ヤギミルク」が水の代わりとしておすすめです。

手に入れやすく取扱いがラクなのはヤギミルクパウダーで、そのままエサ振りかけることも出来ますが、水が不足している犬に与える場合は、ぬるめのお湯に溶いてあげるといいでしょう。

普段あまり水を飲まない犬がヤギミルクならガブガブ飲んだ!という声も聞きます。ヤギミルクは栄養が豊富なので、1歳未満のパピーや夏バテしている犬、シニア期の犬にもぴったりです。

犬の水は命の水

犬が水を飲まない、餌も食べない、となると、そろそろ寿命が近い、ということも言われています。もちろん飲まないのではなく、病気で飲めない、というケースはあてはまりません。

シニア犬でも元気なうちは水をよく飲むのですが、余命わずかになると、しめったガーゼで水を口元につけてあげても水を飲まないのです。最後だけは犬も水を飲まないで旅立つのです。

このように、普段何気なく飲ませている犬の水ですが、犬が水を飲まない理由が健康上の問題ならば早期に対処しなければなりません。あなたの大切な犬の健康のためにも、一日に必要な水分量を知っておき、工夫して目標量の水を飲ませてあげましょう。

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo

この記事についたタグ