力強いロットワイラーがなぜこんな目に…

引用の出典元:www.youtube.com

ロットワイラーが保護されたのは、悪名高いミシガン州デトロイトでした。心優しい住人は、あまりにも恐ろしい状態の犬を発見し、すぐさまミシガン州動物愛護協会動物保護団体に保護要請を入れました。

現場に到着したスタッフは、これほどまでに酷い状態の犬を保護するのは初めてでした。ロットワイラーの両耳と鼻は、鋭利な刃物で切られ失われていたのです。

さらに、尾の一部や後ろ足の「腱」の部分までそぎ落とされていました。早く走れないようにすることが目的だったのでしょうか。

ただちにマッキーアニマルケアセンターに運び込み診察を受けさせます。ケガや事故ではなく明らかに人間による虐待でした。

容態は安定し順調に回復

引用の出典元:www.youtube.com

"バロン"と名付けられたロットワイラーは、感染症を予防するための抗生物質や鎮痛剤を投与し、慎重に容態を見守っていますが、今のところ順調に回復しているとのこと。

しかし、身体的に見れば犬の急所でもあり重要な器官である鼻、両耳を失ってしまったことは多大なリスクを負ってしまったことは事実です。

また、精神的なダメージは計り知れないものがあり、心のケアには長期間を要することでしょう。

犯人逮捕に協力を!

引用の出典元:www.youtube.com

虐待捜査責任者の1人、マーク・ラモス氏によれば、そんな力強い犬がこのような目に遭わされたということは、意図的に麻酔などによって無抵抗の状態にさせられていた可能性があると言います。

さらに、この事件に関して次のように語りました。

「このような残虐行為は決して受け入れられないものだ。私たちは声なき動物の声を届け、再びこんなことが起きないよう、強い態度を示す必要があります。」

ミシガン州動物愛護協会虐待捜査部では、バロンを虐待した人間を逮捕するべく、情報提供を求め120万円の報奨金を用意しています。また、バロンに最大限のケアを施すための募金活動も行っています。

ロットワイラーと言えば、警察犬や護衛犬として採用されるほど強い警戒心と頑丈な体を持つ犬種です。オスであれば体重は50キロを超えています。

こんな状態にした猟奇的な人間を一刻も早く逮捕しなければ、デトロイトに暮らす善良な市民の不安は解消されません。

1日も早く犯人が逮捕され、バロンが幸せな第2の犬生を歩みだせるよう祈っています。

参照:APPALLING! Search Is on to Find the Beast That Cut Off a Rottweiler’s Ears and Nose

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo

この記事についたタグ