初めて犬との共同生活を経験した、ノンスタイル・井上

引用の出典元:girlschannel.net

24日に放送された「やっぱり犬も好き!お手上げワンちゃんなんて呼ばせない!愛のカリスマ調教師 密着SP」の番組内コーナーで、初めて犬との共同生活を2週間も経験した、人気お笑いコンビ・ノンスタイルの井上さん。

ペットショップでトイレトレーを買うものの、トイレシーツの存在すら知らずに驚くなど、まさに初めてのドッグライフそのものでした。

レンくんとの初めてのお散歩デビューにも苦戦していて、「みんな普通に散歩してはるんで、もっと簡単なもんやと思ってました!」とコメント。

犬を飼うということが、見た目やイメージとは違うということを、身を持って視聴者に伝えてくれましたね。

企画終了後に、井上が流した涙の理由とは?

引用の出典元:twitter.com

この企画が終了した際、これまで2週間の生活をともに過ごしたミニチュア・ダックスフンドのレンくんを、そのまま引き取って飼うのか?という問いに対して、井上さんが大粒の涙を流す場面が、多くの視聴者の心に刺さりました。

「飼いたい気持ちはものすごくありますし。ただレンの幸せを考えたときに『僕でいいのか?』っていう葛藤がすごくある」

出典:NONSTYLE井上裕介が番組で犬と共同生活→今後も飼うか決断を迫られ号泣しながらイケメンな回答 | ガールズちゃんねる - Girls Channel -

(飼いたいけど)自身の仕事や生活面を考慮すると、レンの世話ができないこともでてくる

出典:NONSTYLE井上裕介が番組で犬と共同生活→今後も飼うか決断を迫られ号泣しながらイケメンな回答 | ガールズちゃんねる - Girls Channel -


いくら番組の企画とはいえ、2週間もの期間を一緒に過ごしたことで、レンくんに対して我が子のように情が湧いてしまった井上さん。情が湧かない方がおかしいわけで、無理もありません。

ですが、芸能人として多忙な毎日を送り自宅を空けることも多い井上さんは、レンくんの幸せを考えた上で、自分に犬を飼うことはできないと判断したのです。

そして井上さん、犬を飼うということは情に流されて決めるものではないと涙ながらに、そして強く訴えました。


「そりゃ俺だって飼いたいですよ」(号泣)「だって命じゃないですか。一つの命って考えた時に軽い気持ちで飼えない」

出典:NONSTYLE井上裕介が番組で犬と共同生活→今後も飼うか決断を迫られ号泣しながらイケメンな回答 | ガールズちゃんねる - Girls Channel -


バラエティ番組とあって、周りの出演者や編集によってオモシロおかしくされていましたが、それでも涙にクシャらせて訴える井上さんの姿に、多くの視聴者が心うたれたのです。



簡単に犬が買えちゃう国・日本

引用の出典元:bestfriends.org

日本では、街のペットショップに立ち寄るだけで、それはそれは豊富な種類の犬の中から自分好みの子を見つけて購入することができます。

ショーケースには「月々◯◯円~!分割手数料・金利0円!」という文言や、「Price Down!」と大きく書かれた値札が貼られており、訪れた人たちの購買意欲を煽ります。

数年前に話題となった某消費者金融のCMにも、かわらしい小型犬が見つめてくる映像がありましたが、裏を返せば「お金さえあれば犬は買える」という文脈が隠されています。

イギリスやドイツなど、動物福祉大国とよばれる国々では生体販売が行われていません。しかもドイツでは、法律上では生体販売が認められているにもかかわらず、国民が買わない意思を持っていて、もはや文化として根付いています。

これら国々のペットショップでは、ドッグライフに必要なフードやグッズが販売されているだけでなのです。生体販売をした途端に消費者が離れていってしまうことを、ペットショップ側も理解しているため、生体販売が事実上できないのです。

それだけ、大量の犬をショーケースに並べて、まさに「命」を商品として在庫リスクを抱えながら行うビジネススタイルに、世界中の多くの人が疑問を持っているのです。

そんなペット先進国のイギリスやドイツと違って、「比較的安易に犬を飼うことのできる国・日本」においては、軽い気持ちでペットを飼い始め、そして捨ててしまう人間も多く存在するのが現状。そんな中、井上さんが全国ネットのテレビ番組で訴えた主張は、間違いなく多くの人の心に問いかけるものでした。

\クリックするだけ!/無料でNPOを支援する方法


Tsunayoshiでは、誰でも簡単に動物保護団体を支援できる新しい取り組み始めました。みんなの「いいね!」で動物愛護の輪を広めませんか?目指せ、殺処分ゼロ!


「いいね!」= 10円
無料で保護団体を支援しよう。

動物愛護に取り組むサポーター企業に「いいね!」をすると、1回につき10円の支援金が日本の動物保護団体に届けられます。ぜひ、あなたも無料で支援してください。(※初めて押すページのみ有効です)



愛犬の預け先マッチングサービス
Dog Huggy


ペットに合った商品が見つかる!
Peka -ペカ-


猫の応援も始めました。
Tsunayoshi(ねこ部)


現在のTsunayoshi支援金総額:19,500円



興味のあるページに「いいね!」した後は記事をシェアして、多く人に動物愛護に関心を持ってもらいましょう!

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo

この記事を書いたライター

Tsunayoshi オオバやん
読者の皆様により良い情報をお届けします!

話題のキーワード

今話題のしつけ関連ワード