リンパ腫を患った犬

引用の出典元:www.thedodo.com

アメリカのフロリダ州に住むジョーイ・マックスウェルさんと彼の妻が、殺処分のあるシェルターからゴールデン・レトリバーのマーベリックを引き取ったのは8年前のこと。

マーベリックが飼い主に捨てられたとき、マーべリックはまだ子犬でした。マックスウェル夫妻はマーベリックを見たとき、置かれている辛い状況にも関わらず、彼がへこたれない精神の持ち主だとすぐ分かったそう。

シェルターに連れてこられる前の3カ月間、マーベリックは森の中で1匹孤独に過ごしていました。マックスウェル夫妻がマーベリックを家に連れて帰ったとき、彼は痩せこけて骨と皮だけのようでした。

しかし、マーベリックはすぐに夫妻に懐き、夫妻の愛犬になりました。それ以来、夫妻にとって、マーベリックはなくてはならない存在です。

そんなマーベリックとマックスウェル夫妻に、新たに直面しなければならない問題が浮上しました。2年前にマーベリックは悪性リンパ腫に侵されていると診断されたのです。

病で愛犬を失いたくなかった夫妻は、マーベリックにキモセラピーを受けさせることを決意。治療を開始して早い段階で、癌の勢いが弱まりました。

それ以来小康状態を保っていましたが、2カ月前、リンパ腫が再発してしまいました。夫妻は再びマーベリックが癌に打ち勝てるように何でもすることを決意。しかしその治療後、彼の身体に思わしくない変調が見られたのです。

ある朝、夫妻が目覚めると、マーベリックは歩くことができませんでした。床に寝そべった状態で、頭を持ち上げることすらできなかったのです。飲み食いもできず、彼はただ震えていました。

愛犬にしてやれることを考えた結果…

引用の出典元:www.thedodo.com

夫妻がマーベリックを獣医師のもとへ連れて行った結果、マーベリックは貧血状態である上に、微熱が続いていることが分かりました。自宅へ帰されるまでに数日入院も必要でした。

夫妻は当時を振り返ってこう語っています。「マーベリックはもうダメなんじゃないかと思っていました。家に帰されたのは、もうそれ以上何も手の施しようがなかったからなんだ。」

家に帰ったものの、マーベリックの体調は依然として思わしくない状態でした。しかし、彼の精神まではまだ弱っていなかったのです。いつ亡くなってもおかしくない状況でしたが、まだまだ彼らしく日常を楽しむ時間は残されていました。

マーベリックに落ち込んだり、悲しみ嘆く姿を見せて最期を迎えて欲しくなかった夫妻。彼には外へ出て、好きなことをして欲しいと思ったのです。マーベリックは外出先で、みんなから相手にしてもらったり、可愛がってもらうことを望んでいました。

そこでジョーイさんは、マーベリックを家の外へ連れ出して、チーズバーガーとアイスクリームを買いに出掛けることにしました。

マーベリックが自力で歩けなかったので、夫妻はワゴンに彼を載せて運ぶことを考え付きます。ジョーイさんはワゴンを購入するために近所のホームセンターへ向かいました。

しかしながら、先日この近辺ではハリケーンがあったばかりで、あいにくワゴンは売り切れていました。

ところが、ジョーイさんが店のマネーシャーに状況を説明したところ、マネージャーは他の店舗に在庫確認の電話をしてくれ、5分も経たない内にワゴンがある店舗を探し出しました。店はワゴンを持って来て組み立ててくれた上に、ジョーイさんに半額で譲りました。

ジョーイさんは感激して泣いてしまったそうです。

そして、泣いたのは彼だけではありませんでした。レジの担当者もそうでした。

こうして、マーベリックは再び移動できるようになりました。

ワゴンに載って散歩する楽しみ

引用の出典元:www.thedodo.com

ジョーイさんは語っています。「帰宅したらマーベリックのベッドと毛布をワゴンに置いて、マーベリックを載せて町へ出たんだ。カートが動き出すとすぐにマーベリックは口を開けて舌を出したんだよ。そして頭をベッドから持ち上げて、満面の笑みを浮かべたんだ。」

ジョーイさんはこれが最後の散歩になるかもしれないと覚悟しました。しかし、そうはなりませんでした。

ジョーイさん曰く、ワゴンにマーベリックを載せて散歩することで、マーベリックの体調にすぐ変化が見られたのだそう。翌日も同じようにしてみたところ、前日よりマーベリックは元気になっているのに気付きました。

それ以来、毎日欠かさずマーベリックをワゴンに載せて町に出掛けています。今ではマーベリックのことを知る人も多くなり、挨拶をしに来てくれるのだとか。

そして、良い変化が見られました。マーベリックの容態が少しづつ回復しているのです。

ワゴンでの散歩を開始したころ、マーベリックはせいぜい持って2日ぐらいだろうと覚悟していたのに、彼は1週間頑張りました。そして、2週間頑張りました。これが続き、マーベリックが散歩を楽しむ限り、1ヵ月にだってなるかもしれないと、ジョーイさんは願っています。

マーベリックは散歩のお陰で再び生きる力を取り戻し、余命いくばくもないと思われたのが、今では嘘のようです。マーベリックは自力で座ることができるようになりました。ジョーイさんは、まだマーベリックを喜ばせることができるのを嬉しく思っています。

ワゴンの散歩の想像以上の効果とは?

引用の出典元:www.thedodo.com

先日獣医師のもとを訪ねたところ、マーベリックはキモセラピーの治療を受けられるまで体調が回復していると告げられました。マーベリックはまだ歩くことができません。しかし、ジョーイさんは焦らずに根気よくマーベリックの健康状態と付き合っていくことに決めたそう。

マーベリックは病のせいで、今まで通りの生活を送ることは不可能かもしれません。しかし、ワゴンに載って毎日散歩に出掛けることで、彼ができる形で今まで以上に自分らしく生きることができるのです。

マーベリックは今では町ではちょっとした有名犬。彼は人が大好きで、町のみんなも彼が好き。そのシンプルな真実がマーベリックに生きる活力を与えているのでしょう。

そして、癌に打ち勝とうと頑張るマーベリックに寄り添うジョーイさんの愛情と献身が、奇跡を起こしているのに違いありません。ときには、飼い主の愛がどんな薬より効き目があるということでしょう。

マーベリックに残された時間があとどれだけかは誰にも分かりません。しかし、一日でも長くマーベリックがジョーイさんとともに彼らしくいられることを強く願います。

参照:Dog Too Sick To Sit Up Still Loves To Go On Walks

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo

この記事についたタグ

この記事を書いたライター

Tsunayoshi オリビア
読者の皆様により良い情報をお届けします!

話題のキーワード

今話題のしつけ関連ワード