まさにミイラのような姿で発見された犬

引用の出典元:www.facebook.com

ミイラ化した犬は、アメリカ、ニュージャージー州の古いアパートのゴミ捨て場で発見され、誰もがこの犬は死んでいると思っていたのです。

リードで繋がれたままという異常な状態は、駆けつけたレスキュースタッフも目を覆いたくなるほど無残な姿でした。

死因を調べるために、近くの動物病院へと運ばれますが、獣医でさえも衝撃を受けるほどの姿です。獣医の診察により、この犬は1歳程度のオスのピットブルで、明らかに虐待を受けていたことがわかりました。

診察台に乗せ体重を計ってみると、たったの8キロです。1歳のピットブルの標準的な体重は25キロ。それに比べ3分の1程度しかなく、まさにミイラのような姿になっていたのです。

風前の灯火の命が奇跡的な復活を遂げる

引用の出典元:www.facebook.com

さらに獣医たちが犬を観察していると、突然ピクッと動きました。誰もが死んでいると疑わなかったピットブルは、驚くことに生きていたのです!

しかし、脱水と栄養失調のせいで、それ以上動くことはできない状態です。慎重に検査を続けた結果、体温は35度にまで低下し、長期に渡る飢餓状態で胃腸の機能は停止し、出血性の下痢もみられました。

すべての臓器は機能不全に陥り、貧血や皮膚病、免疫力の低下もみられ、ピットブルの命は消えかかる寸前でした。

パトリックと名付けられたピットブルは集中治療室に運ばれ、生きるために必要なあらゆる治療が施されます。点滴、輸血、鎮痛剤や抗生物質を投与し、冷え切ってしまった体に毛糸の服を着せ体温をキープします。

床ずれだらけだったため体の下に毛布を敷いて、数時間おきに体の向きを変える必要もありました。獣医やスタッフら7人は、生きようとするパトリックの命を繋ぐために24時間体制で治療を続けます。

治療にあたる全員が、「パトリック、生きて!」と祈るような気持ちで見守ります。治療が始まってから2日目、点滴によってなんとか脱水症状は改善してきました。

3日目、出血を伴う下痢が治まらないので、胃腸を保護する薬を与えます。この日、パトリックに劇的な変化が現れ始めました。それまで寝たきりだったパトリックは、か細い足を震わせながら立ち上がったのです!獣医たちの祈りが届いた瞬間でした。

獣医の手からふやかしたドッグフードを与えてみますが、人間不信に陥っていたパトリックはすぐに食べることはありませんでした。

それでも毎日、パトリックに優しく接し体を撫で続け、愛情を与え続けます。その結果、パトリックは人間の手からドッグフードを食べ始めたのです。パトリックが自ら生きる道を選んだ証でした。

4日目、パトリックの胃の中に石のように固くなったゴミの塊や体毛が発見され、直ちに除去されます。

5日目、パトリックは奇跡的な回復力をみせ、自らの足で歩けるようになったのです。

14日目、ミイラのように痩せ細っていたパトリックの体重は20キロに増え、ピットブルらしい顔立ちに。さらには、走り回れるほどに回復したのです。

獣医からみても、これほど早い回復は見たことがないと言います。瀕死だったピットブルは奇跡的に復活しました。

パトリックを捨てた飼い主が逮捕される

引用の出典元:www.facebook.com

のちに、パトリックを捨てた飼い主が特定され逮捕に至ります。飼い主は子犬をプレゼントされたものの、4人の育児が忙しいという理由で、週に1度しかエサを与えていませんでした。

しかも、ゴミ置き場にパトリックを繋いだ理由は、自分たちが旅行に出かけるから、というものだったのです。元の飼い主による飼育放棄は、パトリックの心を傷つけただけでなく、命をも危険にさらしました。

犬への理解や愛情がない人間に飼われた末の悲劇でした。

パトリックを支えた募金活動

引用の出典元:www.facebook.com

無責任な犬の飼い方に警鐘を鳴らすため、動物病院のHPにパトリックの治療の様子を掲載したところ、それを見た一人の女性が「パトリックの緊急治療費」をサポートしたいと、支援サイトを立ち上げ募金活動を始めました。

保護から3日後にはニュースが全米に放送され、子どもたちの間でも募金活動が広がっていきます。パトリックが元気になっていく姿は、多くの人々の心を動かし、寄付金は3日間でおよそ300万円にまで達しました。励ましの手紙や毛布、オモチャも届けられました。

獣医からは、「パトリックが助かったのは、獣医たちの力だけでなくパトリックを支え続けてくれた多くの人々からの支援や愛情があったからだと思います。」と感謝が伝えられました。

その後、動物病院の理事を務めるパトリシアさんがパトリックを家族として引き取り、今では幸せな日々を過ごしています。

NPOの保護活動を無料で支援できる取り組みを知っていますか?


Tsunayoshiでは、日本の動物保護団体が多く登録している「NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo(グッドゥ)」の協力のもと、誰でも簡単に動物保護団体を支援できる取り組みを開始しました。

下記のリンクから支援ページに飛ぶことで、あなたの想いを動物たちを守る力に変えることができます!

無料で簡単に支援する


gooddoは無料で社会問題の解決に参加できるサービスです。
是非、あなたも無料で支援してみてください!

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo

この記事を書いたライター

Tsunayoshi ひまわり
読者の皆様により良い情報をお届けします!

話題のキーワード

今話題のしつけ関連ワード