ヘロインで昏睡状態に陥った子犬を発見

引用の出典元:www.thedodo.com

窃盗事件が起きたのは、アメリカ、テキサス州のホームセンターでした。夫婦は店内の商品に付けられた値札を細工していたところを店員に発見され、通報を受けた警察官たちによって逮捕されました。

警察官が2人の車両を確認しに行くと、車内にはぐったりした子犬が横たわっていたのです。さらに、車内からは「ヘロイン」が発見されます。

警察官はこの子犬がヘロインを食べてしまったのではないかと推測し、すぐにテキサスのアニマルサービスに連絡を入れ、子犬はノーステキサス緊急ペットクリニックに搬送されました。

早急な措置で命が救われる

引用の出典元:www.thedodo.com

救急搬送された子犬には、直ちにヘロイン中毒の可能性があるかどうかのテストが行われます。その結果は、警察官の推測したとおり陽性でした。

昏睡状態に陥った子犬の心拍数は落ち、体温も下がり、呼吸停止の危険が目の前に迫っている状態です。1分でも早く措置をしなければ子犬は死んでしまいます。

幸いにも、子犬を看た獣医師は過去にもこうしたヘロイン中毒の症例を経験していたため、的確な治療を施すことができました。

それから24時間後、子犬の状態は回復し意識も正常に戻りました。体にはノミが付いていましたが、それ以外は健康状態に問題はありません。

子犬は"ラッキー"と命名され、テキサスのアニマルサービスに保護されました。

話題の保護犬に里親が殺到する

引用の出典元:www.thedodo.com

犯罪を繰り返す飼い主から解放され元気を取り戻したラッキーは、スタッフたちと遊ぶのが大好きで、会う人全員に尻尾を振って大喜びです。

早速、推定3カ月のチワワと判定されたラッキーの里親探しが始まります。

ヘロイン中毒になった子犬の話題はすでに世間の注目を浴びていたため、たくさんのメディアも施設に集まっています。

愛嬌の良いラッキーの里親になりたい人は想像以上に多く、採用者も戸惑うほどでした。

その中でも、祖父母と一緒にセンターを訪れた女の子は、ひと際輝いていました。ラッキーを抱きしめる少女の飛び切りの笑顔は、メディアからも注目されます。

さあ、いったいラッキーの里親は誰になるのでしょうか!?

ラッキーが選んだ最高の里親

引用の出典元:www.boredpanda.com

抽選の結果、ラッキーの里親には別の紳士が選ばれます。残念、少女は落選してしまいました。

ところが、ラッキーが少女から離れようとしないのです。

その様子を見た紳士は、「ラッキーはこの女の子と暮らしたがっている。そのほうが幸せだ」と考え、当選権利を放棄して施設を後にしました。

もうこうなれば、この少女以外の里親を選ぶことは不可能です。

少女は自分とラッキーが一緒に暮らせることを知らされ、さらに輝くような笑顔を見せて周囲の人々を和ませました。

ラッキーは、自分の意思で最高の里親を見つけたのです!もうこれからの犬生は大丈夫。たくさんの愛情をもらって大きく育っていってほしいですね。

\クリックするだけ!/無料でNPOを支援する方法

Tsunayoshiでは、誰でも簡単に動物保護団体を支援できる新しい取り組み始めました。みんなの「いいね!」で動物愛護の輪を広めませんか?目指せ、殺処分ゼロ!

興味のあるページに「いいね!」した後は記事をシェアして、多く人に動物愛護に関心を持ってもらいましょう!

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo

この記事についたタグ

この記事を書いたライター

Tsunayoshi ひまわり
読者の皆様により良い情報をお届けします!

話題のキーワード

今話題のしつけ関連ワード