ジャイアント・シュナウザーの特徴:とにかく大きい

引用の出典元:www.shutterstock.com

  • サイズ:大型犬
  • 体高 :オスメスともに 60~70cm
  • 体重 :オスメスともに 32~35kg

ジャイアント・シュナウザーは、スタンダード・シュナウザーを大きい体に改良した犬種です。立ち上がれば女性の身長ほどもある大きさです。

外見は、特徴的な四角い顔立ちに、長い眉毛と頬全体を覆うような被毛が生えていて、独特の賢い風貌を備えています。体全体は正方形で、体高と体調は1:1が理想とされています。

生まれた時の耳は垂れ耳で、尾はしなやかなムチ状です。飼い主の好みによって断耳、断尾を行い、立ち耳と短い尾に仕上げることもあります。近年では動物愛護の観点から断耳・断尾をしないケースもあります。

ジャイアント・シュナウザーの被毛はやや長めのダブルコートで、硬めのワイヤー状の毛質が特徴です。毛色は、ブラック、ソルト&ペッパー、ダーク・アイアン・グレーがあります。ブラックの毛色には、アメリカンコートと呼ばれるソフトコートと、ジャーマンコートと呼ばれるハードコートがあり、それぞれ手触りに違いがあります。


ジャイアント・シュナウザーの歴史:牛を管理する犬


  • 原産国:ドイツ
  • 用途 :作業犬及び伴侶犬

ジャイアント・シュナウザーは、ドイツ原産の作業犬で、17世紀から19世紀初頭にスタンダード・シュナウザーを大型に改良して、牧牛犬として誕生した歴史を持っています。

スタンダード・シュナウザーをベースに、ブラック色のグレートデーン、ブラック色のスタンダード・プードル、ウルフ・スピッツ、ポインター、ブービエ・デ・フランダース、といった大型犬を交配して犬種を固定したと考えられています。

現在飼育されているシュナウザーと名の付く犬種には、大きさで分けると3犬種あります。小さい順からミニチュア・シュナウザー、スタンダード・シュナウザー、ジャイアント・シュナウザーとなり、シュナウザーの中で最も大きいのがジャイアント・シュナウザーです。

18世紀から19世紀にかけて、牧牛犬だけでなく、番犬や、警察犬、警備犬として使われ、第一次世界大戦で警察犬として活躍したのをきっかけに、ジャイアント・シュナウザーの名は世界中に知られるところとなりました。

日本で1995年に起きた阪神淡路大震災の折、スイスからの救助犬の中に、ジャイアント・シュナウザーがいて、倒壊家屋や土砂の中、助けを必要とする人達の発見をする仕事をしました。

現在、世界中でジャイアント・シュナウザーは、賢い家庭犬として、またショードッグとしても活躍するなど、良質なブリーダーと根強い愛好家によって育てられています。

2014年度ジャパンケネルクラブのジャイアント・シュナウザーの登録頭数は、138頭中83位で31頭です。

ジャイアント・シュナウザーの性格:警察犬にも採用

引用の出典元:www.shutterstock.com

ジャイアント・シュナウザーの性格は、飼い主への忠誠心と責任感に溢れています。穏やかでおとなしい性格の犬種で、家族に愛情深く接する家庭犬です。

また、いつも冷静で的確な行動ができるのも、警察犬として採用されている理由です。警備犬としても使われる性格ですから、飼い主以外の人には、やや警戒心を出すこともあり、自ら近づくことはあまりありません。

防衛本能も強い性格で、他の犬がテリトリーに入ってくると、攻撃的になることがあります。支配性も強い性格ですので、人間との上下関係を明確にできないと、自分がリーダーになるしかない、と判断してしまいます。

ジャイアント・シュナウザーは大変頭も良く、物覚えの早さは抜群です。好奇心も旺盛で、特に子犬の時は大変な遊び好きです。

ジャイアント・シュナウザーの性格まとめ


  • 忠誠心が高い
  • 責任感が強い
  • 穏やか
  • 愛情深い
  • 防衛本能が強い
  • 支配性が強い
  • 賢い
  • 好奇心旺盛

ジャイアント・シュナウザーの平均寿命とかかりやすい病気


ジャイアント・シュナウザーの平均寿命は11~14年程度と考えられています。屋外での飼育も可能ですが、室内飼育と並行して、ストレスのないような温度・湿度管理を行います。

ジャイアント・シュナウザーは、丈夫であまり病気もしない犬種です。かかりやすい先天的な病気は特にありません。

気を付ける病気としては、外耳炎や股関節形成不全が挙げられます。

外耳炎:断耳していない場合は、垂れ耳に多くみられる耳ダニや外耳炎など、耳の病気に注意します。

股関節形成不全:遺伝の場合もありますが、子供の頃から適度に運動させて筋肉をつけるとともに、肥満にさせないように育てて、股関節への負担をかけないようにして予防します。

ジャイアント・シュナウザーの飼い方:運動不足に注意

引用の出典元:www.shutterstock.com

ジャイアント・シュナウザーは、これまでに犬を飼ったことのある方のほうが向いています。賢いため、間違ったしつけだったとしても、すぐに覚えてしまう犬種ですので、あらかじめ飼う前に、しつけ教室やプロのトレーナーさんを探しておくと安心です。

幼犬の頃に正しいしつけを行い、飼い主がリーダーになることで、ジャイアント・シュナウザーは、自分がリーダーになる、というストレスを経験せずに済みます。

運動量を必要とする犬種です。散歩は1日に1時間を2回程度行いますが、普段はジョギングを取り入れるなど、豊富に運動させ、休日にはロングリードを使った運動も行いましょう。

大型犬で力も強く、持久力もあり、時に機敏な動きもします。幼い時からドッグランを活用するなど、運動不足にならないように育ててあげましょう。

比較的抜け毛は少なく、週に1~2回程度コーミングを行います。家庭犬として飼育する場合、トリミングは年に数回程度で済みます。慣れてくれば自分でカットするのも楽しい行事の1つになります。

ジャイアント・シュナウザーの鳴き声は比較的大きいので、周囲への迷惑を考えて、できれば集合住宅ではなく、戸建のほうが良いでしょう。エサを与えるときに、「ワンは?!」などと、吠えるような訓練はしないようにして下さい。

じゃれあうジャイアント・シュナウザーの子犬2頭

引用の出典元:www.youtube.com

嬉しそうにお庭で遊ぶジャイアント・シュナウザーの子犬たちの動画です。

つかまえっこなのかな?!きっと上下関係を決める行動なのでしょうね。

あんまりしつこく追いかけるので、嫌がられたみたい。案の定、飼い主さんに怒られました。

ジャイアント・シュナウザーと世界に挑戦!?


ジャイアント・シュナウザーは、家庭犬としても優れているばかりでなく、ショードッグとして手のかけがいがあります。その場合は、ジャイアント・シュナウザー専門犬舎から、ショードッグとして優れた血統の子犬を購入するのが良いでしょう。

訓練をすぐに覚える賢いジャイアント・シュナウザーと一緒に、世界のドッグショーに参加するのも夢ではないかもしれませんね。飼い主と犬という関係を超えた、良きパートナーになることでしょう。

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo

この記事を書いたライター

Tsunayoshi ひまわり
読者の皆様により良い情報をお届けします!

話題のキーワード

今話題のしつけ関連ワード