危険犬種法ってなに?

引用の出典元:www.harakhankennel.com

日本にもイギリスの動物愛護法にあたる動物の愛護および管理に関する法律がありますが、特定の犬種を規制してはいません。

一方イギリスには1991年に制定された危険犬種法(Dangerous Dogs Act1991)があります。

これによると、次の4つの犬種はイギリス国内では繁殖、売買、そして特定の場合を除いては所有が禁止されています。

イギリスで危険犬種に指定されている4つの犬種

引用の出典元:www.mirror.co.uk

私が暮らすイギリスでは、以下の4つの犬種たちが危険犬種に指定されています。

アメリカン・ピットブルテリア


もともと闘犬として利用されていた攻撃的な性格を持つイギリス産のスタッフォードシャー・ブルテリアの改良種で、アメリカに輸入されるとブルドッグなどとの交配により、四肢が長く筋肉質で大きな体と、突発的な攻撃性を持つ犬種に改良されました。


土佐犬


オールド・イングリッシュ・シープドッグ、マスティフ、セント・バーナード、ジャーマン・ポインター、グレート・デーン、ブル・テリアなどヨーロッパ原産の犬種を交配して序々に現在の土佐犬に改良されていきました。日本には今も5000人ほどのブリーダーがいると言われています。他の日本犬に比べ、100キロを超える固体もあるほど大きな体と大きく垂れた耳が特徴。


ドゴ・アルヘンティーノ


アルゼンチン原産の狩猟犬。もともと闘犬として交配されたものの、他の犬に対する攻撃性を意図的に取り除くことによって猟師率いる多頭での狩りに適した犬種となり、ピューマやオオカミなど大型の野生動物の狩りに利用されています。


ブラジリアン・ガードドッグ


別名フィラ・ブラジレイロまたはブラジリアン・マスティフとも呼ばれ、マスティフ系の犬種にブラッドハウンドやブルドッグを交配させた犬種。犬名のフィラはポルトガル語で「確保する」という意味をもち、狩猟犬や牧羊犬としても活躍しました。

「適正適所」は犬の飼育にもあてはまる

引用の出典元:www.doglistener.co.uk

イギリスを含む多くの国々で違法とされているのには、それなりの理由があります。

イギリスではm危険犬種に指定されている犬種だと特定されると、ほとんどの場合処分されてしまいます。その個体がどんなにおとなしくてしつけの行き届いた犬だったとしてもです。

チワワなどの小型犬にも知らない人や他の犬などにむかって吠えたり、攻撃的な面を見せたりする個体がいますが、かまれたとしてもせいぜい針穴くらいの噛み傷ができるくらいのもの。

でも、強靭なあごを持つ大型犬では全く話が違います。危険犬種法は「万が一」に備えての防護策なのです。

これらの犬は「強そうでかっこいい」などと、その外見にひかれて初心者が気軽に飼える犬ではありません。主人に忠実であるということは、それ以外の人間を受け入れない、ということでもあるのです。

日本では今のところこれらの犬を飼育することは違法ではありませんが、飼うことを決める前に十分な飼育環境を整えてあげられるか、飼い主としての適正があるか、よく考えて、自分や家族にとっても犬にとっても不幸な結末にならないようにしたいですね。

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo

この記事を書いたライター

Tsunayoshi 森野万弥
読者の皆様により良い情報をお届けします!

話題のキーワード

今話題のしつけ関連ワード