夜勤中に見つけた迷い犬

引用の出典元:www.lifewithdogs.tv

アメリカはフロリダ州のレイクランド警察署に所属のカリーム・ガリバルディ警察官は、土曜の早朝のパトロール中にピットブルとボクサーの雑種らしき子犬を保護しました。道で迷っていた状態だったので、危うく子犬を轢いてしまうところでした。

ガリバルディ警察官は、長い勤務の後で大変疲れていました。しかし、子犬にはマイクロチップが装着されていなかった上に、首輪もしていませんでした。

飼い主を探すことは絶望的と判断したガリバルディ警察官は、一旦は子犬と共に警察署に戻った後、自宅に連れて帰ることにしました。

これが、彼の『子犬に新しい飼い主が見つかるまでの』長い2日間の始まりでした。

シェルターで獣医が見た光景は…

引用の出典元:www.lifewithdogs.tv

翌日、ガリバルディ警察官は再び子犬の飼い主を探そうと試みましたが、上手く行きませんでした。この日、彼は12時間勤務の3日目であったにも関わらず、健康状態をチェックするために、子犬をアニマル・シェルターSPCAフロリダに連れて行きました。

そこで出勤したアニマル・シェルターのマネージャー、コニー・ジョンソンが目にしたのは、とても心が暖かくなるような光景でした。

「建物に入ったとき、彼と子犬がいるのが分かりました。どちらもとても疲れている様子で、眠っていました。彼は、『絶対この子犬を助けるぞ!』という感じで、その光景に心を鷲掴みにされました。」と、彼女は語っています。

子犬が獣医の検査を受けている3時間の間、ガリバルディ警察官はずっとアニマル・シェルターで待っていました。幸運にも、子犬にはダニが数匹いた程度で、健康状態は良好だと分かりました。

コニーは振り返ります。「彼は自分のことより子犬を優先していました。だから、家に帰って睡眠を取るなんて考えてもいなかったようです。彼は子犬を助けることだけを考えていたのです。」

子犬の新しい飼い主

引用の出典元:www.lifewithdogs.tv

アニマル・シェルターでの健康診断終了後、ガリバルディ警察官は子犬を警察署に連れて行きました。

搬送係の同僚が子犬を見て、すっかり惚れ込んでしまいました。こうして子犬は無事に新しい飼い主を見つけました。そして、子犬はホープ(Hope:希望)と名付けられました。

彼の別の同僚は、この一連の出来事をSNSに掲載しました。「彼のような心根の優しい警察官が、この警察署を本当に特別なものにしているんだよ。長時間勤務終了直前でも、ガリバルディ警察官みたいに、人間の一番の友達を助けるための体力が残っている人がいるんだ。」

アニマル・シェルターのコニーもこのコメントに同意しています。「彼は広い心の持ち主。彼は本当に子犬がどうなってしまうのかだけを心配していたのだから。」

真の人間性が輝くとき

引用の出典元:www.lifewithdogs.tv

今回ご紹介した話のガリバルディ警察官はガタイが良く、一見強面です。アメリカらしく大きい拳銃も携帯しており、近付き難い雰囲気があります。そして、子犬を保護したり里親を探すことは、彼の義務でも仕事でもありません。

しかし、彼はそれを当然のことのようにやってのけました。それこそ、真の警察官:弱者の味方ではないでしょうか。我々の人間性は、このような場面で出るのかも知れません。

そして、彼が子犬を連れて職場に行った際に、一切文句を言わなかった同僚たちにも、ある種の心の余裕が見てとれます。日本でいくら迷い犬とはいえ職場に連れて行ったら、やはり大は顰蹙(ひんしゅく)を買うのではないでしょうか。

日々仕事に忙殺されがちな我々だからこそ、忙しい中にガリバルディ警察官のような行いが出来たら素敵だなと思わずにはいられません。また、そのような職場環境が確保出来れば、さらに言うことがありませんね。

参照:Officer Refuses to Leave Stray Puppy’s Side Until She Is Adopted

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo

この記事についたタグ