事故によって右足を失くした犬

引用の出典元:www.youtube.com

犬の悲鳴を聞いたのは旅行者でした。ただならぬ犬の悲鳴に、旅行者は動物保護団体に通報しました。

動物保護団体が現場に到着し、悲鳴のもとへ駆けつけると、そこには右足を切断され怯える犬がいました。

どうやら、電車に轢かれたことで右足を失ってしまったようです。写真を見るだけでも痛々しいですね。

一刻も早く保護し、治療を受けなければならない状況ですが、果たしてこの犬の運命はどうなってしまうのでしょうか?

続きは、動画をご覧ください!

引用の出典元:www.youtube.com

右足の切断という大怪我を負いましたが、その犬はなんと無事に助かることがでいました。

現場に到着した保護団体のスタッフが捕まえようとしても、最初は怯えて逃げ回っていましたが、最期はなんとか人間に身を委ねることができ、そのまま動物病院へ。

保護団体の方々や獣医師の献身的なケアによって、見事に怪我から回復することがでいましたね。

電車に轢かれて右足を失くしたことが嘘のように、今ではすっかり元気に回復しました。

そして、保護団体の人に抱っこされながら、こんなにも可愛らしい笑顔をみせてくれるまでに!

甘えた表情がとってもキュートです♪

元気いっぱいの笑顔を取り戻し、第二の犬生を!

残念ながら、彼の右足が元どおりになることはありません。しかし、それでも献身的にケアしてくれる優しい保護団体の方々が側にいることで、彼は前向きにこれからの犬生を歩んでいけることでしょう。

こんなに可愛い笑顔と元気があれば、新しい家族もきっとすぐに見つかるはずですね!

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo