てんかんになりやすい犬種と3つの主な原因

引用の出典元:shutterstock.com

まずはじめに、てんかんという病気は犬種に限らず、どんな犬でも発症する可能性が有ると言うことを、覚えておく必要があります。

ただ、その中でも比較的に発症しやすい犬種をあげるとするなら、小型犬ではビーグルやミニチュアシュナウザー、ダックスフントなどの犬種の発症率が高いと言われています。飼い主さんは特に注意してあげてください。

てんかんになる原因には、病的な原因と環境的な原因、そして遺伝的な原因があります。

病的原因



病的原因としては、脳疾患による発作などが多くみられ脳炎や水頭症などの発作として症状が出ます。また、高血圧や鉛の中毒によるものがあります。


環境的な要因



環境的な原因としてはストレスが心身への負担となり、てんかん症状を起こす引き金となる場合が考えられます。

犬はコミュニケーション不足で疎外された状況に置いておかれる、生活のしやすい状況やリラックスした環境が無くなると心身に弊害が起こり、てんかん症状を起こしやすくなると言われています。


遺伝的原因



遺伝的原因としては、生まれつき先天性での発作ですが、このてんかんを起こす遺伝子は現在では特定されておらず、その犬の家族など病歴を調べるしか方法はありません。

犬のてんかん症状と対処法

引用の出典元:shutterstock.com

てんかんの症状としては、脳の神経細胞が異常に興奮すると起こる発作で、一時定期なものと繰り返し起こるものとが有ります。

主な症状としては2通りの症状があり、ガチガチに固まった状態になる症状と、ビクビクとけいれんを起こす発作があります。

手足もしくは全身や顔面がけいれんを起こす、意識を無くす、失禁をするなどと言った軽い症状から、重度になると体を反りかえして口から泡を吹き意識を失うといった症状がみられますが、2~3分間で症状が治まりケロっとしている場合もあります。

しかし、こう言った症状が繰り返し起こると脳に深刻な障害を与えることもあり、時には命に掛かわる危険な状態に陥る場合もあるので、油断は禁物です。

てんかんの発作が30分以上続く場合や、1日に3回以上起こる時はてんかん重責と呼ばれ、通常のてんかんとは違い脳に外傷ができていたり、何かの中毒症状が出ている場合もありますので、早急に動物病院での治療をしてあげてください。

てんかん症状は、犬が眠っている夜間や早朝に起こることが多く、飼い主がてんかん症状を見つけたときの対処法としては、まず慌てずに発作が治まるのを静かに待ちましょう。

ただ、嘔吐などの症状が見られるときは、嘔吐物で気道がつまって呼吸困難が起こらないように気道の確保が必要です。

口の中に吐しゃ物や異物が有る場合は、取り除いてあげてください。ただし指を入れると噛まれることも有るので注意しましょう。

病院での診察時のために、どのような症状で何回発作を繰り返したかなどの経緯をメモしておくことも大切なことです。

てんかんの治療法と治療費

引用の出典元:shutterstock.com

てんかんの原因が他の病気による症状で有ればその病気の治療が必要です。

そのため、てんかんの原因を調べるための検査が必要です。問診や、身体検査、血液検査、脳波の検査などをして診断をしてもらいましょう。

問診には普段の様子などを聞かれる場合も有るので、しっかり普段の状況を答えることができるようにしておきましょう。

発作の状況を撮影しておくと、症状がわかりやすく便利だと言われています(しかし、中々苦しんでいる愛犬の動画を撮るのは精神的に辛いものがありますが・・)。

原因がわからない突発性てんかんの場合は、薬での治療となります。

抗てんかん薬を用いますが、薬はつねに副作用があるという事を、覚えておく必要があります。

抗てんかん薬の副作用には、飲ませ始めて直ぐに症状が出る初期副作用と、長く飲ませることで出る長期副作用があります。

初期副作用としては、動きが鈍くなったり、ふらついたり、食欲が異常に出たりします。長期副作用の方は軽度なもので肥満になるなどがあり、重症になると尿失禁などの症状がみられます。定期的に健診を受けて獣医の指示に従いましょう。

また、てんかんに対するはっきりとした予防法はないので、てんかん発作を起こしたことがある犬は定期的に病院での診断を受けることが必要です。

治療費としては、薬の治療となった場合は(薬の種類にもより変わってきますが)一週間分の薬でだいたい1,000円から2,000円程度で済む場合が多く、てんかん発作で入院となった場合は、検査費用や入院費などでかなり高額になります。

一般的に血液検査の費用は5,000円から8,000円くらいで、入院となると入院3日で10,000円くらいの費用を考えておきましょう。

てんかんを予防するための食生活

引用の出典元:shutterstock.com

てんかんを可能な限り予防するためには、普段の生活の中で、とくに食生活に注意することが大切です。

てんかんの原因や症状に直接食生活が関わることは出来ませんが、普段から偏食や肥満に気をつけましょう。

適度な運動をさせて健康的な生活を送ることがてんかんを引き起こす病気の予防にもなります。

栄養のバランスの良い食事を与えてあげる必要は、てんかんを持病として持つ犬だけではなく、どの犬にも言えることです。添加物の入っているお菓子などを与えないようにしましょう。

例えば、手作りのご飯を与えることは、栄養管理がしっかりできるので、試してみると良いのでしょう。


「手作りごはん」の記事一覧|Tsunayoshi [ツナヨシ]

また、食事で足りない栄養素はサプリメントなどを利用することも大変良いとされています。てんかんに効果が有ると言われている、ビタミンBやマグネシウム、カルシウムなどをサプリメントで与えることをオススメします。

てんかんは、精神的なストレスが引き金になる場合が多いので、精神を落ち着かせる効果のあるハーブなどで神経を鎮めるのも効果的です。

天然成分のハーブを使ったサプリメントを活用することも、症状を緩和するには効果的ですね。


まとめ



犬のてんかん発作には様々な原因があります。しかし、精神的に落ち着ける環境を作ってあげることが、一番の治療法ではないでしょうか。

そのためには、普段からのしつけをしっかりしてあげて、飼い主が信頼できるリーダーとして愛犬の側に居てあげることが大切です。

てんかんを持病に持つ犬にとっては発作を軽減できる方法として、飼い主さんの愛情の中で穏やか生活をおくることができる環境にしてあげたいですね。

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo

この記事についたタグ

この記事を書いたライター

Tsunayoshi オオバやん
読者の皆様により良い情報をお届けします!

話題のキーワード

今話題のしつけ関連ワード