犬の思春期・反抗期 (生後6から18ヶ月)

引用の出典元:shutterstock.com

覚えたはずのトイレの失敗が目につき始める生後6ヶ月。

実は、この時期から犬の思春期・反抗期が始まっているのです。

犬の思春期・反抗期は生後6ヶ月〜18ヶ月頃と言われています。この時期になると、犬は今まで学習したことでも、“小さな反抗”をして、わざと出来ない振りをします。そして、どこまでの反抗(=わがまま)が許されるのかを試すのです。

トイレの失敗も愛犬の“小さな反抗”の一つと言えます。

飼い主がこの“小さな反抗”に対してどのように対応するかが、トイレの定着を左右するため、この時期の愛犬との接し方はとても重要です。

思春期・反抗期における、適切なトイレのトレーニングとは

引用の出典元:shutterstock.com

実は思春期・反抗期だからといって特別なトイレトレーニングはありません。

トイレトレーニングの基本はいつでも「失敗した時は無視をして、成功した時はよく褒める」ということです。



しかしこれが意外と難しい。

一度教えたトイレをわざと失敗されると、飼い主の心も穏やかではなく、つい小言を言いながら片付けてしまっていませんか?犬が何かを学習するときの基本は「飼い主の反応があるかどうか」です。

つまり、反応があれば嬉しくて何度も同じことを繰り返しますが、反応のないことはつまらないので繰り返すことはなくなります。

だからこそ、トイレトレーニングでも「失敗した時は無視をして、成功した時はよく褒めること」が効果的になります。

小言を言いたくなる気持ちはよくわかりますが、ここはひとつ我慢です!

油断大敵!飼い主にとっても危険な時期

引用の出典元:shutterstock.com

愛犬が6~18ヶ月になる頃は飼い主にとっても注意が必要な時期。

愛犬が家族の一員としてその環境に慣れ、飼い主もその存在に慣れてくる頃です。一通りのトレーニングも終わり「いい子になった」と一安心している時期。

飼い主のしつけに対する気持ちが少し緩むこの時期と、犬の思春期・反抗期が重なり、愛犬の“小さな反抗=わがまま”を見落としがちになります。

小さな反抗は日々少しずつ行われ、それを少しずつ許すうちに愛犬との信頼関係が崩れていってしまいます。

信頼関係が崩れてしまうと、以前教えたことができないばかりか、教え直そうとしてもなかなか受け入れてもらえなくなってしまいます。

この時期を上手に乗り越えるためにも、愛犬の日々の様子を細かく観察して“小さな反抗”を見逃さないことが大切です。

トイレのトレーニングは何回も!

引用の出典元:shutterstock.com

犬の思春期・反抗期は6〜18ヶ月と話してきましたが、その期間は犬によって多少のばらつきがあるものです。

少しでも“小さな反抗”を見つけた時には絶対に許してはいけません。

もう一度、小さい頃にやっていたトイレトレーニングに立ち返り、トレーニングし直すことが必要です。一度は学習しているトレーニングなので、最初の時ほど時間はかかりません。

愛犬と生活のルールを共有し、愛犬との快適な生活を楽しみましょう。

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo

この記事を書いたライター

Tsunayoshi Hana.
読者の皆様により良い情報をお届けします!

話題のキーワード

今話題のしつけ関連ワード