犬たちの保護に人生を捧げる韓国人女性

引用の出典元:www.thedodo.com

韓国には現在、約17000にも及ぶドッグファームがあるとされています。そして毎年、200万匹の犬たちがこれらのドッグファームにやってくるといわれています。

この数字を見て驚く方も多いのではないでしょうか?しかし、実際には韓国国内で犬食を依然として好んでいる人たちは少数派で、犬食文化を止めさせようとしている人たちが大半なのだそう。

韓国で動物愛護を提唱しているナミ・キムさんもそのひとりです。元教師の彼女は定年を迎えた後、ドッグファームから犬たちを保護することに人生を捧げています。

彼女はまた、ドッグファームを閉鎖させ、経営者に新たな仕事を紹介する手助けもしています。彼女の最終的な目標は、一連の負の連鎖を断ち切ること。

アメリカに求めた助けの行方は?

引用の出典元:www.thedodo.com

最近彼女が保護した300匹の犬たちのうちの10匹は、まだ数か月に満たない小さな子犬たちでした。どの子も新しい愛情溢れる家族を必要としていました。

そこで、できるだけ良い里親を見つけてあげたいと願った彼女は、アメリカのミネソタ州にある動物愛護団体アニマル・ヒューメイン・ソサイエティー(Animal Humane Society)に連絡を取ることにしたのです。

愛護団体の職員ブリー・ノッドガードさんによれば、彼女らは以前に動物の国際輸送経験がなかったために、計画を実現させるのに数か月に及ぶ準備が必要だったのだとか。ナミ・キムさんの希望に沿うことができて良かったと、彼女は語っています。

多数のボランティアたちに助けられて

引用の出典元:www.thedodo.com

子犬たちを韓国からアメリカへ輸送する過程は決して簡単なものではありませんでした。まずは、子犬たちの健康診断。次に、韓国からの直行便が飛んでおり、ミネソタ州に最も近いシカゴ空港までの輸送費用の調達が行われました。

子犬たちがシカゴ空港へ到着後は、ボランティアの職員が子犬たちを別の空港へ車で連れて行きました。そこから今度は、保護活動に飛行機を使用する動物愛護団体パイロッツ・アンド・ポーズ(Pilots N Paws)が運行している小型セスナ機に子犬たちは乗せられました。

アニマル・ヒューメイン・ソサイエティーのボランティアたちはセスナ機が空港に到着後、子犬たちが食事を取ったり体をきれいにしたり、ゆっくり休めるよう車で保護施設に連れて帰りました。ブリーさんが言うには、子犬たちはみな安心しきった目をしていたそうです。

犬を愛する気持ちに国は関係ない

引用の出典元:www.thedodo.com

子犬たちは命の危険にさらされたり、何万マイルも移動したりとなにかと大変でしたが、ついに安心できる場所を与えられました。

ブリーさんは語っています。

「後に食用となってしまうはずだった子犬たちの運命は完全に変わりました。ナミ・キムさんは本当に素晴らしい女性。ヒーローそのものです。この保護計画を実現させるために、自分も力になれたことをどんなに誇りに思い、嬉しく思っているかは言葉では言い表せません。私自身も今回の出来事で変わることができました。」

今回の出来事で分かるのは、犬を愛する気持ちは国境を超える力があるということ。人種・国籍・居住地関係なく、私たちは純粋に犬たちの幸せを願って行動できるはずです。

今後も、私たちが国内だけにとどまらず、必要であれば世界中の国々と協力し合うことで、不幸な犬たちをより減らすことが可能なのではないでしょうか?

参照:Puppies Saved From Dog Meat Farm Travel Thousands Of Miles To New Homes

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo

この記事を書いたライター

Tsunayoshi オリビア
読者の皆様により良い情報をお届けします!

話題のキーワード

今話題のしつけ関連ワード