犬に食べさせない方が良いフルーツ

引用の出典元:pixabay.com

犬が食べない方が良いフルーツは意外に多くあります。

まず、ブドウやレーズン。すべての犬ではありませんが、中毒症状や腎臓障害を引き起こしてしまう危険性があります。

さらに、アレルギーがある犬が少なくないものに、キウイフルーツやイチゴがあります。

犬は人間と違いビタミンCを体内で生成することができるので、キウイフルーツやイチゴのような、ビタミンCを豊富に含むフルーツなどを取る必要がありません。

アレルギーがあるなら絶対ですが、アレルギーがなくてもあまり食べさせない方が良いでしょう。

熟していないと危険!食べさせると危険なフルーツ

引用の出典元:www.justasoap.co.uk

よく熟れている場合は問題なのですが、十分に熟していない場合、犬が食べると危険なフルーツもあります。

モモやアンズ、青梅など、真ん中に大きな種のあるフルーツは、熟しているかどうかきちんと見極めてからあげるようにしましょう。

さらに、意外にもリンゴやナシ、ビワも身が固かったり、まだ青臭さが残る場合は、犬に与えない方が安全です。

ただ、人間が普段に食べているこれらのフルーツは、通常熟しているものがほとんどです。

神経質になりすぎる必要はありませんが、フルーツを食べさせる時、頭の片隅に置いておくと良いでしょう。

洋ナシを犬に与えても大丈夫?

引用の出典元:www.dodogs.website

ナシは熟していない場合は危険ですが、十分熟れていれば問題ありません。

しかし、日本のシャリシャリしたナシではなく、ラフランスのようなねっとりとした味わいの洋ナシはどうでしょうか?

ラフランンスのような洋ナシの場合も日本のナシと同じです。熟していれば問題ありません。

ただ、甘味が強いフルーツですから高カロリーです。食べさせすぎると肥満のもとになってしまいます。

甘いラフランスが好きな犬は多いですが、与えすぎには注意するようにしましょう。

ラフランスをどのようにして犬に食べさせればいいの?

ラフランスを使ったレシピはたくさんありますよね。

人間の場合、生でそのまま食べるも良し、煮込んでジャムにするもよし、クランブルをまぶして焼くも良し。様々な味わい方があります。

特にラフランスは火を通すと甘味が増しますから、レシピのアレンジが効きます。

ただ犬の場合は、加熱したラフランスのおいしさは味わえないようです。

犬がラフランスを食べる場合、生食がベスト。

フルーツの糖分、果糖は犬にとって太りやすく、カロリーのことを考えるとギュッと甘味が増す加熱したものではなく、生のまま上げた方が良いでしょう。

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo

この記事を書いたライター

Tsunayoshi サッチモ・ルイザ
読者の皆様により良い情報をお届けします!

話題のキーワード

今話題のしつけ関連ワード