シチュエーション1.飼い主や出会った人の顔をなめる

引用の出典元:shutterstock.com

犬が人の顔をなめる理由は、「自分より強い相手へのあいさつ」か「人懐っこい愛情表現」です。

口周りをなめる場合も相手に甘えている証拠です。

たまにお腹が空いているという理由で、ごはんやおやつをおねだりする時になめることがあります。

シチュエーション2.手をペロペロとなめる

引用の出典元:shutterstock.com

知らない人の手などをなめる場合は相手の顔色を窺いながら「この人は信頼できるのかな?!」などと犬が分析しているという理由が考えられます。

犬にも好き嫌いがあり、飼い主さんや仲の良い相手の手をなめるのは「好意の表れ」、知らない相手の場合は「様子を見ながらの軽めの挨拶」として手をなめるのです。

シチュエーション3.自分の手足、体の一部をなめる

引用の出典元:shutterstock.com

犬が自分の体の一部をペロペロなめる行動は、本来ケガや病気をした時にその部分を治すために行う犬の本能です。

急に体のどこかをなめるようになったら、一度よく悪いところはないか調べてあげましょう。

特にケガや病気などをしていないのに体の一部をなめる理由はストレスかもしれません。

ストレスが理由で体をなめる犬に居心地の悪い状況や生活環境がないか、今一度見直してみましょう。

シチュエーション4.家や外で地面・床をなめる

引用の出典元:shutterstock.com

地面をなめるのは動物本来の匂いを頼りに食べ物を探り当てる行動です。

家の中にいて床をなめる理由は何か美味しそうな匂いがしているのかもしれません。

フローリングの床にワックスなどをかけている場合は、犬がそれをなめることでお腹に入ってしまい嘔吐や下痢の原因につながるので気を付けてあげましょう。


シチュエーション5.お散歩中に自分や他の犬のおしっこをなめる


健康な犬は尿から栄養分(ミネラルなど)を補給するという理由でおしっこをなめることがあります。

おしっこをなめることで免疫力がついて病気などにも強くなるからです。

しかしストレスを抱えている犬もおしっこや糞を飼い主さんのいない所で食べたりなめることがあります。

その犬自身のおしっこ・糞の出・他の犬のおしっこにどのような反応を示すか、などお散歩中に「犬のなめる行動」を観察して、「動物本来の行動なめる」か「ストレスが理由のなめる行動」なのかを見極めましょう。

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo

この記事についたタグ

この記事を書いたライター

Tsunayoshi しおすけ
読者の皆様により良い情報をお届けします!

話題のキーワード

今話題のしつけ関連ワード