最初は白い被毛だった

南米西部に位置するエクアドルの『ダーウィン動物病院』に、"キティ"という名の小さな犬が飼い主によって持ち込まれました。

キティのまぶた付近には被毛がない部分があり、ダニが寄生していると獣医師は判断し治療を施しました。

飼い主には、「被毛が生えてこなかったり悪化したりしたら、必ず病院に連れて来るように」とアドバイスをします。

最初の診察から9ヵ月が経ちましたが、キティは病院に連れて来られなかったので、獣医師たちはきっと完全に回復したのだろうと考えていたのですが…。

白い被毛は紫色になっていた!

引用の出典元:darwinanimaldoctors.org

9ヵ月が過ぎたある日のこと。再び飼い主がキティを連れて来院しました。しかし、キティはまるっきり別の犬ではないか、と思える状態になっていたのです。

獣医師がキティを見た瞬間、被毛の色に驚きました。真っ白だったはずのキティの身体は、頭から足の先に至るまで紫色に染められていたのです。

しかも、明らかに脱毛が全身に及び、炎症で皮膚は赤くただれていました。

飼い主が言うには、最初にダーウィン動物病院で治療してもらったあと、やはりキティの症状が悪くなったものの、別の動物病院に行ったのだそうです。

その病院では、注射やビタミン剤による治療が施されましたが、いっこうにキティの状態は良くならず、逆に悪化してしまいました。

このあと、飼い主は獣医師に愛犬が紫色になってしまった驚くべき理由を語り始めるのです。

馬鹿げた迷信を信じてしまった飼い主

引用の出典元:darwinanimaldoctors.org

動物病院に連れて行っても、まったく愛犬の状態が良くならないことに意気消沈した飼い主。今度は近所の人たちからの話に期待を寄せます。

しかし、彼らは医療従事者でもなく、病気への知識もない人々です。話の内容は、「犬の全身を紫色に染め上げればダニが死ぬ」という、ただの迷信めいた話でした。

飼い主が普通の感覚を持っていれば、こんな迷信に飛びつかなかったのでしょうが、無知とともに心底疲れてしまっていたのでしょう。

飼い主は紫色のスプレーを購入し、愛犬の全身に吹き付けました。

「これでキティはダニから解放される」そう期待していた飼い主でしたが、キティの身体に生息していたダニは全身に蔓延し、さらには二次的皮膚感染症まで発症してしまいました。

再びダーウィン動物病院を訪れた紫色のキティには、こうした経緯があったのです。

ようやく完治への光が見えてきた

引用の出典元:darwinanimaldoctors.org

ダーウィン動物病院の診断によって、脱毛症や掻き傷、皮膚のびらんを起こしていることが分かり、キティには迅速かつ的確な治療が施されました。

キティを治療したあと、飼い主には「今後続けてダニ治療を行う必要があるため、1週間後には必ず来院するように」という厳しい指示をします。

さすがに飼い主も今回は獣医師の指示を守り、1週間後にキティを連れて再来院しましたが、獣医師の適切な治療のおかげで、キティはすでに急激な改善を見せてました。

ただれていた傷口も塞がり、皮膚の赤身もほとんどなくなっている姿を見て、獣医師たちは喜びを隠せませんでした。

診察台の上のキティには紫色のスプレー跡が少し残ってはいるものの、表情はとても明るくなっていますね。

まだダニ治療のための通院は必要ですが、ここまでの治療の成果を確認した飼い主さんは必ずや完治するまで来院するはずです。

飼い主の無知によって翻弄されてしまったキティですが、もうこれからは大丈夫ですね!

\クリックするだけ!/無料でNPOを支援する方法

Tsunayoshiでは、誰でも簡単に動物保護団体を支援できる新しい取り組み始めました。みんなの「いいね!」で動物愛護の輪を広めませんか?目指せ、殺処分ゼロ!

興味のあるページに「いいね!」した後は記事をシェアして、多く人に動物愛護に関心を持ってもらいましょう!

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo

この記事についたタグ

この記事を書いたライター

Tsunayoshi ひまわり
読者の皆様により良い情報をお届けします!

話題のキーワード

今話題のしつけ関連ワード