後ろ脚が機能していなかったボクサーはワシントン州へ

引用の出典元:www.thedodo.com

ボクサーのダンカンは、他の犬に比べて明らかに外見が『特別』な野良犬でした。

彼はアメリカのコロラド州で前足だけで這いずり回っているところを保護されました。彼の後ろ脚はねじ曲がった状態になっており、機能していませんでした。

ダンカンを保護した人々は、ワシントン州で動物保護活動を行っているパンダ・ポーズ・レスキュー(Panda Paws Rescue)に、彼を受け入れてくれるかどうか連絡を取ります。パンダ・ポーズ・レスキューでは、主に病気や怪我などで特別なケアが必要な犬猫を積極的に保護しています。

すると、彼らはダンカンを引き取ることをすぐに快諾。そんな経緯で、ダンカンはより良い生活が得られることを願いながらワシントン州へと向かうことになりました。

ウォルター夫妻との運命的な出会い

引用の出典元:www.thedodo.com

実はダンカンにはパンダ・ポーズ・レスキューに到着する前から、里親が決まっていました。ところが、彼がレスキューの運営をしているゲイリー・ウォルターとアマンダ夫妻に会って運命が大きく変わりました。

ダンカンは夫妻に会うとすぐに打ち解け、そこには確固たる特別な絆が生まれたのです。ダンカンを迎える予定だった里親にもそれは明白でした。そこで、彼らはウォルター夫妻にダンカンとは離れるべきではないと伝えたのだそう。

ゲイリーさんは保護団体の運営を初めてまだ日が浅いことから、ダンカンを幸せにすることができるのかどうかを心配していました。しかし、そんなゲイリーさんの懸念を吹き飛ばしたのはダンカンと妻のアマンダさんでした。

アマンダさんの強い説得で心を決め、ダンカンとは一緒にいる運命だと悟ったゲイリーさんは、ダンカンを正式にウォルター家に迎え入れました。

今ではダンカンは大のパパっ子。お互いなくてはならない存在になっています。そして、ゲイリーさんは自分がダンカンを選んだのではなく、ダンカンがゲイリーさんを選んだのだと信じているのだそう。ダンカンとの出会いがゲイリーさんの人生を変えました。

前脚だけでもQOL(生活の質)は変わらない

引用の出典元:www.thedodo.com

ダンカンが夫妻と初めて会ったとき、ダンカンの後ろ脚はアルファベットのXのような形状にり、脊髄が捻じれていたといいます。それが後々背中を痛める原因になるため、夫妻は思い切ってダンカンの後ろ脚を切断することにしました。

後ろ脚はなくなってしまいましたが、今のところダンカンは全然気にしていないようです。なぜなら、ダンカンは他の犬たちが4本脚ですることを、なんでも前脚だけで出来るからです。

彼には車椅子は必要ありません。高い場所から飛び降りたり、階段を上り下りしたり、速いスピードで走り回ったり。何でも2本脚でこなすダンカンには、前に立ちはだかる障害などないのでした。

その姿を見てウォルター夫妻は、ダンカンは自分が実は前脚しかないことに気付いてないのではないかと思うほど。

障害や健康問題があっても、それに屈しない精神

引用の出典元:www.thedodo.com

元気に動き回るダンカンですが、ボクサー心筋症を患っていることが分かりました。

心筋症は、心臓の筋肉に異常が起きることで発症します。失神や呼吸困難や咳などの症状がみられるほか、最悪の場合は死に至ります。ボクサーは心身症を患いやすいといわれる犬種で、ボクサーのそれは一般的にボクサー心筋症と呼ばれています。

ダンカンは実に2度心肺停止の状態に陥り、その都度蘇生処置と懸命な介護で復活を遂げたといいます。

「信頼できる獣医師を見つけることと、自分たちが想像している以上に献身的なケアをする覚悟が必要。」特別なケアが必要な犬猫を保護している夫婦だからこその、重みのある言葉です。

愛情深く、遊び好きで、時に頑固、そして食いしん坊なダンカンは、ハンデがあっても幸せそのもの。彼の回りにいる人々を幸せにします。彼の生きることに貪欲な心は多くの人の心をとらえ、絶対に諦めない姿勢は私たちの人生を変える力すら持っています。

障害があっても、幸せは自分で作り、自分で決める。障害を障害と思わない。そんなダンカンの姿は、これからも人々を勇気づけていくに違いありません。

参照:Rescue Dog Missing His Back Legs Refuses To Slow Down

\クリックするだけ!/無料でNPOを支援する方法

Tsunayoshiでは、誰でも簡単に動物保護団体を支援できる新しい取り組み始めました。みんなの「いいね!」で動物愛護の輪を広めませんか?目指せ、殺処分ゼロ!

興味のあるページに「いいね!」した後は記事をシェアして、多く人に動物愛護に関心を持ってもらいましょう!

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo

この記事を書いたライター

Tsunayoshi オリビア
読者の皆様により良い情報をお届けします!

話題のキーワード

今話題のしつけ関連ワード